過去と未来をどんどん繋げていく自由な洋服たち:MIYAKE ISSEY展(国立新美術館)

d0339885_16590524.jpg
いま開催中の

周りの評判がとてもいいので
行ってきました。

私はいま100日洋服を買わないチャレンジの後、
引き続き4ヶ月買わないチャレンジ中で、
ずっとファッション誌は買っていません。

だから一時の流行に惑わされないぶん、
本物に触れるとスウーッと心にしみ込む感じがしました。

常に第一線で活躍している三宅一生さん。

やはり長く続けていけるのはちゃんと理由があるのだなあ。
古びなくて常にチャレンジ、前進している。

日本の美しいものや伝統も取り入れつつ
新しい技法、カッティング、素材・・・誰もやったことないものやみたことのないもの。

展示方法もユニークで見応え十分です。

そして私は旅行用にとプリーツプリーズのワンピースを持っているけど
ほとんど着たことがないのを思い出しました。
なんかうまく着こなせないんですよね・・・。

でも、もう一度コーディネートで蘇らせたいなと思ったし
別のMIYAKE ISSEYの洋服にもいつかチャレンジしてみたいです。

そして眺めてたらつくづくファッションって楽しいなーって
思いました。

そうそう、今回、海外からのお客さんが多かったのにもびっくり。
私が行った時は、1/3ぐらい海外の方でした。

海外での人気の高さをヒシヒシと感じました。

オススメです!



<< 軽井沢でランチといえば我が家は... MADE IN JAPANの細... >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.