名画と衣装にうっとり♪POLA美術館「Modern Beauty -フランスの絵画と化粧道具、ファッションにみる美の近代」


d0339885_10394970.jpg
POLA美術館 Modern Beauty展 プレスツアーに
招待されて参加してきました。


フランスの100年間のファッション変換を
絵画と共に紹介する展示。

もう、うっとりしっぱなしでした。

まず絵画が名作ぞろい。
モネ・ピカソ・モジリアーニ・マチス・・・・。

それらをファッションの観点からセレクト。
d0339885_10401968.jpg
そしてその絵画と対比させるように
同時期のドレス(絵画にでてくるものと同じものも!)を展示。

優雅なレースをたっぷり使ったS字型スタイルから始まり
アールデコスタイルへと変わっていく様子も
興味深かったです。

昔は王室や貴族がファッションリーダーだったこと、
ルノワールは絵画に登場する女性のファッションのスタイリングまで行っていたこと
など知らないことばかり。
d0339885_10500631.jpg
(そのころ流行っていたドレスをいち早く絵画に登場させていたルノワール)
d0339885_10434317.jpg
(マネが描いた女優ジャンヌ・ドマルシー。
油絵用のキャンバスにパステルで描いたことで
本当にお化粧をしているきれいな肌みたいに見えます。)

マネは、とても洗練されたダンディな男性で、
絵の中の女性たちに着せる洋服を一緒に買いに行ったりしていたそうです。

女性の社会進出や旅行の一般化に伴い
お化粧道具のコンパクト化や
コルセットから解放され断髪スタイルのギャルソンヌスタイルへと
変化して行きます。
d0339885_10410152.jpg
(これなんて、明日にでも着たいなあ)

並んでいるジュエリーやコンパクトなど見ていると
昔の女性たちがこれを持ってるだけで心ときめかせてたんだろうなーと
想像できます。
d0339885_10421156.jpg
繊細なアクセサリーやバッグは、
実用性がなくても女性を美しくそして内面から楽しく輝かせてくれるもの♪
d0339885_10430672.jpg
大好きなキスリング!
こういうヘアスタイルとファッションしたいです。
d0339885_10485407.jpg
ぜひたっぷり時間をとってみてほしい展覧会でした。
レストランでは展覧会にちなんだお料理も用意されています。
d0339885_10533050.jpg
(色もかわいい!)

関連イベントでは「香水づくり講座」のワークショップなども。
これから気持ちがいい季節が続くのでぜひお出かけくださーい。







<< 耳たぶが痛くなーい♪小さな星の... 最近お気に入りのルームスリッパ... >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.