「今、ここで、わたしが生きる」:「禅」について勉強中♪シンプルだけど奥が深いっ。

d0339885_19391663.jpg
(軽井沢、全然雪がありませーん)

禅に関するお仕事をする予定なので
年末から禅についてちょっと勉強しています。

まずは仏教全体のことが知りたくて
知っておきたい 日本の仏教

それから、禅については、またまた漫画で。
知識ゼロからの禅入門

で、ざっと超基本知識を身につけました♪


日本の仏教は大きく分けると13宗。
そのうち、禅系の宗派が三つ。
「臨済宗」「曹洞宗」「黄檗宗」。

禅は、お釈迦様の教えの仏教の中でも
言葉によらない教えからはじまったと言われている。
それは言葉によらないものなので、すぐに全ての人に伝わるものではなかった。
ひとりひとりに合わせて説法の内容は変わり、
自分で答えを見つけるものということで
いままでの教えとは違うものになった。

そしてインドから中国に渡った達磨大師が禅宗を開いた。

臨済宗の開祖は栄西。
問答などを通して、悟りは自分の中にあることを説く。
能や茶道、華道、庭園など禅文化を発達させた。
有名な僧としては
一休宗純(とんちで有名な一休さん!)
雪舟(国宝の山水画などで画才発揮)
沢庵宗彭(沢庵漬けを考案)

曹洞宗の開祖は道元。
ただなにも考えずひたすら座禅することを説き
食事や掃除など、日常のことも禅の修行であり悟りの姿であるとした。

黄檗宗の開祖は隠元。
江戸時代に中国から来日して
インゲン豆、スイカ、レンコンや多彩な精進料理をいまに伝える。
阿弥陀仏の念仏も重視し、念仏と禅を組み合わせた「念仏禅」と言われる。
●過去にくよくよせず、未来を不安に思わず、いまを生きる
●智慧を身につける(智慧とは、差別せずありのままを見ること)
●世間的な価値や常識にとらわれず自分で答えを出す


まだ本当に入口に立ったばかりですが知れば知るほど奥が深そうです。

<< 新春特別企画♪めでたい七福神な... 自分を幸せにするのは自分:「幸... >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.