自分を幸せにするのは自分:「幸せの国 ブータン」に行って思ったこと

自分を幸せにするのは自分:「幸せの国 ブータン」に行って思ったこと_d0339885_11443808.jpg
(ガイドさんとドライバーさん)

年末にブータンに行ってきました。
仕事です。
数ヶ月前まではまさか自分がブータンに行くことになるとは思ってもいなかったので
行く前に少しだけ勉強。

まずは軽く、漫画で

旦那サマはブータン人 世界一幸福な国のヒミツ


行きの飛行機の中で

ブータン、これでいいのだ


ざっくりと

●ブータンはインドと中国の間にある

●九州ぐらいの大きさ

●人口は70万人(大田区民ぐらい!)

●幸福度が世界1の国

というようなミニ知識だけは身につけて行きました。


「幸せの国 ブータン」この言葉がどうしてもピンとこなかったのですが

わずか4日間ブータンにいただけの私が少しだけ「ああ、そういうことだったのか」と

思えるようになりました。


ブータンでは旅行者にはかならずドライバーとガイドがつきます。

もちろんガイドさんは日本語ペラペラ。

どこにでも連れて行ってくれます。

街やホテルのレストランで食事をするとき

ガイドさんたちは別室や別のテーブル。

だけどある日の夕食は、他の人たちが大臣たちの招待を受け外出し

疲れた私と編集者さんの二人だったので

ガイドさん行きつけの地元のレストランで一緒にテーブルを囲みました。


その時に彼のいった言葉が私の中にすごく染み込んできました。


彼の言葉


ブータンは小さい国だから仕事への需要が少ないのです。
だから、その中で何ができるかいつも考えています。
地方はまだまだ農業中心で、産業は水力発電2割、観光8割。


大きな国だと問題も多いけど、ブータンは小さな国だから国王が考えてくれます。

そして私たちも国の家族の一員として国をよくしようと考えます。


私は世界一幸せだと思っています。

仕事があり、それはお金儲けのためだけでなく自分の知識にもなります。

もちろん一般のブータンの人より残業も多いけど、家族と過ごす時間も大切にします。

両方が人生に大切です。

生まれ変わって、もし犬だとしてもブータンに生まれたいです。


笑顔でいれば相手も笑顔になります。

まずは自分が幸せなこと。自分を幸せにするのは自分しかいません。

同じことを経験しても どう感じるかは本人なんです。

でも自分が幸せなら周りも幸せにしたくなります。


「足るを知る」

「小さな国だからこその共同体」

「国王は私たちの親なんです」

「今、幸せかどうか。それは自分の心が決めること」


そう、彼らの幸せは誰かとの比較ではないのでした。

私はそれまでどうしても、比較で考えていて

「ブータンってそんなに裕福そうに見えないのになんで幸せなんだろう」なんて考えていたのです。


幸せも平和も仕事も、誰かが与えてくれるのを待っているのではなくて

常に自分がそこでなにをできるのか考えていて

だけど限界もあるので、現状に満足することも必要。


ドライバーさんがラバー製のブレスレットをしているので見せてもらったら

「国王の長生きをお祈りします」と刻まれていました。

彼はドライバーの仕事が大好きでとても幸せだそうです。

悪路が多い中、彼の運転はとても丁寧で安全なものでした。


まずは自分が幸せなこと。自分を幸せにするのは自分しかいません。

同じことを経験しても どう感じるかは本人なんです。

でも自分が幸せなら周りも幸せにしたくなります。


この言葉を胸に今年一年を送りたいなあと思っています。

自分を幸せにするのは自分:「幸せの国 ブータン」に行って思ったこと_d0339885_11542835.jpg

お正月休みが終わったら、いよいよブータン関連の仕事も本格的にスタート。

いままでやったことのない分野ですが

自分ができることを精一杯、

そしてさらに周りに教えてもらって成長しながら

すこし背伸びしてできるところまでやっていきたいです。


<< 「今、ここで、わたしが生きる」... 人がやっていないことを見つけて... >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.