映画:僕たちのバイシクル・ロード

特にものすごい事件があるわけでもないし、ほぼひたすら走ってるだけ。
なのに目が離せないのはなぜだろー。

自転車で7大陸を走った若者2人のドキュメンタリー。
僕たちのバイシクル・ロード ~7大陸900日~

大学を出てそのまま社会人になることに違和感を覚えた2人。
半年間、2人で一緒に住んでお金を貯め計画を練ってのスタート。

・・・というわりには、自転車の装備もチープに見えるし
なによりもビーサンに短パンって!

それでも楽しそうにボロボロになったTシャツを着て
汗だくになって走る彼らが、なんだかとてもうらやましくなってくるのが
不思議だあ。

もちろん途中で怪我をしたり、なかなか大陸を渡る船が見つからなかったり
病気で足止めを食らったり、すごーくまずそうなモノを食べたり
言葉が全然伝わらなかったり、冷たくあしらわれたりしてるんだけど。

偶然の出会いや彼らのアイデアなどで7大陸走り切っちゃうのがすごい。

南極に行く途中の船で寄ったマッコーリー島で
彼らがペンギンやアザラシの間を走ってる姿が気持ちよかったなあ。
映画:僕たちのバイシクル・ロード_d0339885_13491193.jpg

「焚き火を見つめていると人生がシンプルに見えた」
っていう言葉が最初のほうにあってとても印象的。

「やりたい時にやってみた」
そんな彼らと一緒にシンプルに風を空気を彼らのパワーを楽しめたのだった。

私もいまだにそんな気持ちだし。
やる時期に遅すぎたって事はないと思うー。


★以前のブログはこちら
<< クレアドッグに私の描いた犬がいっぱい 保存も温め直しも簡単:セラミッ... >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.