「夜中にジャムを煮る」(平松洋子著)に苺をいっぱい

平松洋子さんの
夜中にジャムを煮る(新潮文庫)
の表紙を描かせていただきましたー。
「夜中にジャムを煮る」(平松洋子著)に苺をいっぱい_d0339885_13490173.jpg

深夜に甘い香りを漂わせながらコトコトと煮る
イメージ。
幸せな時間だよねえ、きっと。

食べ物や料理道具への愛がいっぱい詰まった
エッセイ。
読んでたら、お腹が空いてくるー。

平松さんって本当においしそうに描写するんだもの。

作り方も載ってるのですよ。

↓表紙イメージがないっ!
<< ヘアカラーを金髪→赤茶に 楽しくごはんを作る人 >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.