アンディウォーホルのミューズ:イーディ@映画ファクトリーガール

映画「ファクトリー・ガール」。

アンディ・ウォーホルのミューズだったイーディ・セジウィック。

お金持ちの娘で、愛情に飢えていて、人を疑わず、手に入れた自由を謳歌。
キュートな魅力で周りをとりこにしてて。

でもそれもつかの間。

新鮮さや財力に翳りが出て、クスリに手を出し、
ウォーホルにも見放され。

先日、知人がTwitterで「女の生き方の教科書」になる映画って何があるかなー?
って言ってて
「男と女」を挙げてて、私もすごく好きな映画で同意。

それに対してこの映画「ファクトリーガール」は、
生き方的には「うーむ・・・」だけど
「ファッションの教科書」として好きな映画だな。

イーディの写真集も二冊持ってる♪
アンディウォーホルのミューズ:イーディ@映画ファクトリーガール_d0339885_13490048.jpg

イーディのファッションには釘付けになってしまう。
大きなイヤリングとこってりアイライン。
ヒョウ柄コートに総レースのミニワンピース。

あの頃のNYで1番おしゃれでエキセントリックでアートな世界って
魅力的ー。

それにしても、イーディを演じたシエナ・ミラーも
ウォーホルを演じたガイ・ピアースもそっくりだったなあ。

まるでドキュメンタリー観てるみたいだった。
<< 厚岸産の生牡蠣たまらない美味しさ 一見さんおことわりの河豚やさん >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.