悲惨な現実を映像で突きつけられると受け止められない人もいるんだよ

悲惨な現実を映像で突きつけられると受け止められない人もいるんだよ_d0339885_13484071.jpg

昨日の朝、被災地のすごく悲しい動物の写真を
facebookのニュースフィードで見てしまった。

それからその日はずっと、それが頭から離れず。

「現実を見て欲しい」という言葉は正しいと思いながらも
悲しみでいっぱいになってしまった自分の心の中を
夜になって思うままにTwitterで何回かにわけてツイートしたのだけれど
今朝見ても、同じ気持ちだったのでここにまとめてみた。

また、同じ気持ちでいる人もたくさんいると知って
とても心強かったです。

みんな自分の持ち場で出来ることをやってるのだなあ。

Twitterに添付されてる写真は小さかったりリンク先が貼られてるだけで、
注釈(かなりつらい写真です)とか書いてあるから選べるけど
facebookでいきなり動物の悲しい写真貼られてると、ダメージが大きすぎる。

受け止められる人とそうでない人がいるのだから。


現実を知って欲しい!と思って悲惨な写真や記事を拡散する人は、
弱くて傷つく人がいることも少し考えてほしいです。

心の準備ができてない人も多いのです。


とにかくその場所にいって現実を見ないとなにもわからないって言われても、
見る前からたくさん想像しちゃって
それだけで体が震えてくる人だっているのだから。

そういう人(って私だけど)もなんとか出来ることを探してるのだから。


みんな立場とか考え方とか感じ方とか同じじゃなくて、
でも復興や日本が良くなることを願ってない人なんていなくて。

だから同じ方向を見ているのはたしかなのだから、
どっちが上とか下とかないと思うの。
それぞれが出来ることと出来ないことがあるだけで。

悲惨な現実を映像で突きつけられると受け止められない人もいるんだよ_d0339885_13484122.jpg

写真は、雪の降った翌日に作った雪コアラと雪うさぎ。
<< なんだろーすごく和めるイタリア... ジョージ・クルーニーはやっぱり... >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.