子供にも大人にも!懐かしくて新しい幻の絵雑誌:コドモノクニ

d0339885_13481945.jpg
その頃、第一線で活躍する詩人たち(北原白秋や野口雨情)などが
書いた童謡。

そしてそれに絵をつけているのは、岡本帰一や竹久夢二。

1922年創刊の絵雑誌。
なんて豪華な雑誌なんだろう。
終戦をむかえる前年まで続いていたコドモノクニ

その復刻版を買った。

すごーくすてきな本。
ページをめくると、古いものなのにいま初めて出会ったような気がする。
とても新鮮で、でも懐かしい。

これを読み聞かせてもらい
絵を楽しんだ子供たちを想像する。

シンプルで力強い詞。
なつかしくきれいな色使い。
大胆で気持ちのいい構図。
文字のレイアウトもバッチリ。

昔の日本の子供たちがどんなことにワクワクしていたのか
どういう時代だったのか
変わるものと変わらないものの両方が楽しめるこの絵本、
いつまででも眺めていられるよ。
d0339885_13481983.jpg

今から90年も前のイラストにドキドキする。
そして私の絵も「90年後の誰かにドキドキされたいなあ。」と夢見てる。
<< 大きな空を眺めながら大好きな洋... シルエットのきれいなチェックの... >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.