人生なんてどこからでも輝ける@映画「サニー 永遠の仲間たち」

d0339885_13480983.jpg
ふと気付くと40代になっていたナミ。

いつの間にか「人生ってこんなものだよね。」と、
なにかしら物足りなくも感じながら日々を過ごしている。
そんな時、母のお見舞いに行った病院で学生時代の親友に偶然再会。
その親友(チュナ)の
「もう一度、あの頃の仲間に会いたい。」という思いを叶えるため
かつての仲良しグループのメンバーを捜し始めるのだった・・・・。

こういうストーリー。

サニー 永遠の仲間たち(クリックすると予告が始まるので音が出るかも)

いやあ、これはキュンキュンしてしまうでしょう。

学生時代、誰もが時間は無限にあり
自分は何にでもなれるような気がしていた。

そして現在とのギャップ。
ひとりふたりと行方を探し出し
学生時代にみんなが夢を語り合ったビデオテープを観る。
思い出が次々に蘇る。

彼女たちが歌って踊る80年代の流行曲ボニーM「サニー」。
Sunny, yesterday my life was filled with rain.
Sunny, you smiled at me and really eased the pain.
The dark days are gone, and the bright days are here,
My Sunny one shines so sincere.
Sunny one so true, I love you.

あらためて歌詞を見ると、すてきな曲なのね。

もう取り返しがつかないのだろうか?
今まで経験して来た事って無駄だったのだろうか?

昔に戻れる事はないけれど
そして楽しかった出来事は、さらに増幅されて輝いて見えて
その後の事が後悔と共に思い出されたりするけれど
だけど、どこからだってまた人生は輝くはず!

私は、こんなに素敵な仲間がたくさんいるような
明るい青春を送ってはいなかったけれど
そして途中で絶望したりしたけど
こうやって今、自分の夢の途中にいられる事が出来ている。

以前、17歳の私へのメールでも書いた。
d0339885_13480956.jpg

だから、今もしも自分に自信を失くしかけてる人がいるならば
ぜひ観て欲しいなあ、この映画。

もちろん、そうじゃなくてもあの頃を懐かしく思い
いまとこれからの人生を楽しもうと思ってる人もね!

もうすぐ公開。
<< 5月5日、勝手に大人の日♪ w... お昼寝中のいくらちゃん(ケアン... >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.