読売新聞,毎日新聞,CREA:書評続々「わたしがみつけたもの」

読売新聞,毎日新聞,CREA:書評続々「わたしがみつけたもの」_d0339885_13463719.jpg
本日9/23(日)読売新聞朝刊に「わたしがみつけたもの」の書評が載りました。

数日前、編集者さんの元に書評が載るという連絡はあったのですが
どなたが書いて下さるのか、どんな風に書かれているのか全く知らず。

今朝、雨の中夫がコンビニに買いに行ってくれたのですが二軒とも見つからず。
Twitterでそのことをツイートしたら
なんとフォロワーさん数人がファイルで添付して下さいました。

ありがとうございます。

書いて下さったのは、
古代文学研究者 立正大教授 三浦佑之さん。

(以下抜粋↓)
皆さんそれぞれに、神さまとの出会いを楽しんでいる。
そうした今風の感覚によく似合う神社本を見つけた。

著者独特のタッチで描かれたパステルカラーの風景になっているのが
類書にはない魅力だ。
これが写真だったら、変化のなさに退屈してしまっただろう。

わーすごく褒めていただいている。

9/2(日)毎日新聞朝刊にも書評載りました。
読売新聞,毎日新聞,CREA:書評続々「わたしがみつけたもの」_d0339885_13463748.jpg

絵の中に、今まで見たことのない伊勢の風景が広がっている。

他にも友達からの情報で今日知ったのですが、今発売中の
CREA (クレア) 2012年 10月号 [雑誌]にも。
読売新聞,毎日新聞,CREA:書評続々「わたしがみつけたもの」_d0339885_13463862.jpg

世の中には山ほど本があり、さらに山ほど刊行されている中
こうやって目に止まり紹介していただけるのはとてもとても嬉しいです。
<< 心の垣根なんてちょっとした好奇... 夫の作ったブランチ:つけ鳥うどん >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.