出雲の旅4:風土記の時代からの温泉と囲炉裏端の絶品料理の宿「湯乃上館」

出雲の旅4:風土記の時代からの温泉と囲炉裏端の絶品料理の宿「湯乃上館」_d0339885_13452323.jpg
本当に隠れ家って感じ。

担当編集ロックさんイチオシの宿。
島根県雲南市にある奥出雲湯村温泉 湯乃上館

佇まいがステキ。
出雲の旅4:風土記の時代からの温泉と囲炉裏端の絶品料理の宿「湯乃上館」_d0339885_13452375.jpg

建物自体は、古い木造でお部屋には風呂もトイレも無し。
だけど、そんなことはどうでもいいぐらい魅力的な宿なのだ。

まずはお食事。
茅葺きの囲炉裏の別棟でいただく夕食。
出雲の旅4:風土記の時代からの温泉と囲炉裏端の絶品料理の宿「湯乃上館」_d0339885_13452310.jpg

きゃー、憧れてたの♪

パッと見は全然地味なのだけど、これがどれもこれも絶品。
出雲の旅4:風土記の時代からの温泉と囲炉裏端の絶品料理の宿「湯乃上館」_d0339885_13452322.jpg

この日は、のどぐろと地鶏,大きな椎茸を囲炉裏で焼いて食べたんだけど
のどぐろの表面がカリッとしてて中がしっとりしてて
今まで食べたのどぐろで一番おいしかった!
出雲の旅4:風土記の時代からの温泉と囲炉裏端の絶品料理の宿「湯乃上館」_d0339885_13452382.jpg

初めて食べたよこわ(本マグロの幼魚)のお造りもとろりとやわらかく
里芋もすごかった!
出雲の旅4:風土記の時代からの温泉と囲炉裏端の絶品料理の宿「湯乃上館」_d0339885_13452344.jpg

朝食は卵かけごはん。
これまた全てが美味しくて
普段は朝食を食べない私がおかわりしちゃったぐらい。
出雲の旅4:風土記の時代からの温泉と囲炉裏端の絶品料理の宿「湯乃上館」_d0339885_13452333.jpg

地元の旬のいい素材を、いい調味料で
シンブルに丁寧に作っているなあというのがすごーくわかるお料理だったなあ。

こういうのを滋味溢れるっていうんだろうなあ。
私がまさに求めていたお料理なのだ!

そして道を隔てたところにある湯乃上館 共同風呂
なんと風土記の時代からのお湯で、源泉が43℃なので
水で薄めたり湧かしたりしないでそのまま使えるのだって。

外観も渋いです。

お湯がやわらかくて、いつまででも入っていたい感じ。
小さいけれど川沿いの露天風呂も気持ちよくて
夜中に一人で入ってたら、川の音と満月でとても贅沢な気分だった。
出雲の旅4:風土記の時代からの温泉と囲炉裏端の絶品料理の宿「湯乃上館」_d0339885_13452309.jpg
(部屋から藁葺きの別棟とお風呂が見える)

ここは個人的にもぜひまた訪れたいなあー。
<< 祖父江 慎さんと打ち合わせ 夫が作ったブランチ:カブと鳥肉... >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.