狛犬の「阿吽」ってどっちが右でどっちが左だっけ?

狛犬の「阿吽」ってどっちが右でどっちが左だっけ?_d0339885_13073315.jpg
布須神社の絵、まだ描いてるところ。

狛犬って、片方が口が開いてて
片方が口が閉じてて、
一対が鳥居の両側にいるよね。

いま、初夏に出す予定の出雲の旅の本のイラスト描いてて
「あれっ、どっちが口開いてるんだっけ?」ってわかんなくなって
調べたところ。

そして調べてるうちに
あっ、そっかこれって阿吽だったなと思って
「阿吽」を調べたら、こんな意味が。

以下、Wikipediaから抜粋↓
阿吽(あうん、Skt:A - hum)は仏教の呪文(真言)の1つ。
悉曇文字(梵字)において、阿は口を開いて最初に出す音、
吽は口を閉じて出す最後の音であり、
そこから、それぞれ宇宙の始まりと終わりを表す言葉とされた。


宇宙の始まりと終わり・・・知らなかった!

でね、「あ」が右で「うん」が左なんだよ。

狛犬ってそもそも何?って疑問も湧いてきて調べた。

以下,Wikipediaから抜粋↓
狛犬(こまいぬ)とは、獅子や犬に似た日本の獣で、想像上の生物とされる。
像として神社や寺院の入口の両脇、
あるいは本殿・本堂の正面左右などに一対で向き合う形、
または守るべき寺社に背を向け、参拝者と正対する形で置かれる事が多く、
またその際には無角の獅子と有角の狛犬とが一対とされる。


ふーむ、勉強になった。

ネットのおかげで知らないことを知らないままにしないで
すぐに教われるってイイネー。
<< 馬車道なう リビングでスヤスヤ >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.