おとぎの国みたいなラブリーなお料理:代官山 ル・ジュー・ドゥ・ラシェット

d0339885_13064333.jpg
ロサンゼルスから帰国中の君野倫子さんと会った。

彼女とはTwitterで知り合い、何だか気が合っちゃってそれからのおつきあい。

昨年の夏にリアルでようやく一緒にごはん→その時のブログ

今回は、倫子さんがまだ行ったことがないって言ってた
代官山蔦屋書店へ。

ロスって本屋さんがほとんどないらしくって
「ここは一日中居られる!なんでもあって楽しい。」と驚いてた。
特に連休中ってこともあって、すごい人の多さだったなー。

でもお店の中にも外にもたくさんのソファーや椅子があり
ひとりの人もカップルの人も数人のグループも
思い思いに楽しんでて、コーヒー飲みながら本読んだりしてて
いいなーと思った。

私もまた平日にゆっくり来ようっと。

そして夜は、前から気になっていたル・ジュー・ドゥ・ラシェットへ。

ここのお料理、とにかく見た目がラブリー!

小さい原っぱ&綿菓子みたいなアミューズ。
また、見た目と味の差に驚く。
d0339885_13064352.jpg

薔薇のような、フォアグラとビーツ。
ビーツはポテトチップスのようになってて、見た目の繊細さとは裏腹に
手でバリバリと食べちゃった。
d0339885_13064341.jpg

デザートまで完璧にラブリー。
d0339885_13064397.jpg

ここでプロポーズされちゃったら、受けちゃうと思うよ!
ということでデートにぴったり。

もちろん女性同士でも♪
おいしい料理でさらに会話が弾む~。

倫子さんと話してると
「やりたいことがある」人って輝いてるなあって思う。
お手本になる人が周りにたくさんいてとっても幸せだなー。


初エッセイ5/10発売&アマゾン予約できます
<< みんなでスペアリブ(^-^)/ 夫が作ったブランチ:グリーンア... >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.