それもアリと受け入れる心を持っているって大切:わりなき恋(著:岸恵子)

d0339885_13063492.jpg
この本の存在は、知り合いの書評で知ったの。

69歳と58歳の本気の恋愛、それも女性が69歳・・・・。
そんな設定想像もできなくって、でもどんなんだろーと好奇心から読み始めた。

69歳の笙子が国際的に有名なドキュメンタリー作家で
58歳の九鬼は大企業のトップ。
出会ったのがパリ行きのファーストクラス。

うーむ、いきなり全く入り込めないシチュエーション。
読み進めていく。

彼女の才能も含めて魅力を感じた九鬼。
成功して富もあり女性にもモテてきた自信と強引さで多忙な中で会う約束を取り付け、
次第に笙子も彼に惹かれていく。
そうして、最後の恋は始まった。

無理っ・・・。

でもね、なんだか読んでるうちに、
だんだん笙子の心の動きや戸惑いや
九鬼の必死さや時々見せる身勝手さや
会えない2人が交わす手紙やメールの内容や
ようやくスケジュールを調整して会えた時の2人の様子や
そういうものに次第に引込まれていったの。

人物描写がうまいのだ。

あるよね、こういうことって♪
とは全く思えないまま読み終わっちゃったけど
出会ったり何かをスタートするのってその人のタイミングなんだろうなあー
そんなことを思ったの。

おとぎ話みたいだけど
絶対ないよ!って思うよりも人生は楽しくなるんじゃないかな。

なんでも否定するよりは、心にスッと入れてみようと思ったら
ちょっと入ってきたのだよね。

小説なんて、自分の想像の中で考えられるもの以外があるほうがおもしろいよね。
そしてやっぱりあっという間に読めちゃったので
これは大変おもしろい小説だったのだ。

やっぱり心の中にまだ吸収オッケーなスポンジがあるのっていいな。

東京おとな日和特設サイト(最新情報やみなさんからの感想など掲載しています)
<< アマゾンレビューもついてて嬉し... 二匹とものんびり >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.