今日発売!帯と挿絵描きました♪:レイヤー化する世界(佐々木俊尚)NHK出版新書

今日発売!帯と挿絵描きました♪:レイヤー化する世界(佐々木俊尚)NHK出版新書_d0339885_13061729.jpg
夫、佐々木俊尚の一年半ぶり(だったかな?)の新刊
「レイヤー化する世界 テクノロジーとの共犯関係が始まる」(NHK出版新書)

いよいよ本日、6/5(水)発売。

帯のイラストと中の挿絵3点は私が描きましたー。
帯にイラストを描くのは初めて。
レイヤー化に合わせて、山と川と木漏れ日と木々と水面と、
そういう自然のいろんなものをレイヤー化して描きました。

挿絵は、3点。
三部に分かれた内容の、最初のepisodeそれぞれに挿絵を描いてます。

夫との、ある意味コラボな仕事も、ほぼ初めて。

実は、彼が2005年に「ライブドア資本論」を出した時に
ブックデザイナーからの指名で表紙に
「ホリエモン&乙部さんを、民衆を導く自由の女神風に」描いたことがあるのだ。
今日発売!帯と挿絵描きました♪:レイヤー化する世界(佐々木俊尚)NHK出版新書_d0339885_13061767.jpg

でも今回は自分たちの意思で
もう本にする前の企画段階から、夫の文章に私の挿絵ということを決めていたの。

彼が、10代の若い人たちにも読んでほしいから、挿絵を入れたいってことで。

そうして膨大な本を読み、世界の歴史を理解し、
これからの世界はこうなるのではないかというのを描いたのが今回の本。

私だとうまく説明できてる自信が無いんだけれど
国ごとの貧富の差ではなくて
どの国であっても繋がることが出来る人々はいるし
自分の丸ごとでなくて一部分でもどこかと繋がれて、
大きな企業というよりは
それぞれが頭を使いある人は仲間をつのって
自分の生きる場所を見つけていこうという、希望が持てる本になっています。

夫のツイートをどうぞ。

async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8">

async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8">
小難しいかも?と躊躇せず、手に取って見て下さい。
私でも理解できましたー。
っていうか私の挿絵が効いてますー。

いつもの挿絵よりも内容に沿ったものを一枚にギュギュッとまとめているので
導入部分にぴったりだと思います。
今日発売!帯と挿絵描きました♪:レイヤー化する世界(佐々木俊尚)NHK出版新書_d0339885_13061773.jpg

中学生時代に大好きだった「星新一」の世界をちょっと意識して描いてみましたよ。





初エッセイ「東京おとな日和」にいただいた感想や最新情報は
「東京おとな日和」特設サイトに載せています。
ぜひ見て下さいね。
<< 今日のブランチ 葉加瀬太郎のバイオリン >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.