東寺で五重塔を眺めて、国宝の数々を観る:京都にて

東寺で五重塔を眺めて、国宝の数々を観る:京都にて_d0339885_13055082.jpg
世界遺産である東寺へ。

災火で4回も焼失、江戸時代に立てられた五重塔。
豊臣秀頼が再興した桃山時代の金堂。
弘法大師が着工、台風や地震で大破、その後焼失し室町時代に再興された講堂。

中にはたくさんの仏像が。
象に乗ったり、牛に乗ったり、鳥に乗ったり
手がいっぱいあったり、足がいっぱいあったり、立体曼荼羅だらけ。

そのひとつひとつの仏像の細工をみているだけで
楽しい。

こんなに古いものが一カ所にまとまっているなんてね。
日本の歴史ってすごいなあ。
そしてよくぞ残ってくれてますって感じ。

初エッセイ「東京おとな日和」にいただいた感想や最新情報は
「東京おとな日和」特設サイトに載せています。


<< 夫が作ったブランチ:海老と野菜... つくねのキャベツ巻からスタート >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.