噛むたびに美味しさが広がる♪兵庫 西脇の小さなパン屋さん:クープバゲット

d0339885_13054959.jpg
夫の実家は兵庫県西脇。
とてものどかできれいな田舎、でもかなり交通の便の悪い場所。

そこにWebシステムプログラマの伊藤淳一さんが暮らしている。
彼の勤務先は東京の会社だけれど、ここで在宅勤務をしているのだ。

そして夫(佐々木俊尚)が帰省がてら取材するということで
くっついていったのだ。

その様子は、伊藤さんのブログでどうぞ。

ジャーナリスト・佐々木俊尚さんのメルマガに
僕たち夫婦の取材記事が載りました


そこには、奥様の香代子さんが週末だけ開いている
小さな手作りパン工房 クープバゲットが。

最初はパンを焼くのが大好きなだけだったのに
こだわるあまり、どんどん高機能のオーブンが欲しくなり
「それなら店を開いたら」とご主人の助言があり
お店を開いたそう。

ほぼ予約であっという間に売れきれてしまうパンたち。

小麦の香りがしっかりとしていて
噛むたびに美味しさが口に広がりとても美味しい。

オレンジピールが入ってるのかな?フルーティな食パン。
チーズ入りのカンパーニュは香ばしい。

遠くからも買いにくる人が多いというパン屋さん、
1人で焼ける量には限界があるそうだけれど
無理せず楽しく続けてほしいなあと思った。

初エッセイ「東京おとな日和」にいただいた感想や最新情報は
「東京おとな日和」特設サイトに載せています。
<< 夫が作ったブランチ:蒸しトウモロコシ 女だらけでベトナム料理 >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.