日本酒と洗練された美しいお料理と器で大人な夜:日赤通り 栩翁S(クオウエス)

d0339885_13054053.jpg
鮑と冬瓜。器もすばらしい−。400年前の中国 明時代のぐい飲み。

日本酒好きの集まり、どこに行こうかなーと
超グルメな知人に教えてもらったお店。

栩翁S(クオウエス)

広尾の日赤通りにあるのだけれど
目の前に立っても気づかないかもっていうぐらいシンプルなドアだった。

中はお鮨やさんみたい。
体の大きいご主人が、繊細なお料理を次々に出してくれる。

あんまり食べたことのないものばかり。
お魚は天然のものが多い。
いくつか紹介。

うなぎも天然♪貴重だわ。
d0339885_13054075.jpg

トウモロコシの天ぷらなど。
d0339885_13054007.jpg

とろけるお肉~。どこのだったっけ?
d0339885_13054056.jpg

すっぽんの雑炊。
d0339885_13054106.jpg

最後はお抹茶も。
d0339885_13054141.jpg

田中佐次郎さんの唐津焼の器が多く使われていてステキだった。

どのお皿も量が少なめで最後まで堪能。

あー美味しかった。
大人の集まりにぴったりのお店でした。


初エッセイ「東京おとな日和」にいただいた感想や最新情報は
「東京おとな日和」特設サイトに載せています。
<< 夫が作ったブランチ:焼きなす ウニざんまい(^-^)/ >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.