伊藤若冲・奥村土牛などが描くかわいいがいっぱい!:Kawaii日本美術(山種美術館)

d0339885_13025002.jpg
広尾の山種美術館、初めて行った。

おめあては
特別展 Kawaii 日本美術

この冬一番(?)っていうぐらい寒い中、
恵比寿駅から16分ぐらい歩いて行ったかいがあったよー。

日本にはいっぱい日本ならではのかわいいがあるんだなあ。
ポップで派手な「かわいい」はあんまり好きじゃないけれど
こんな控えめで渋めでキュートなかわいいは大好き。

ころんとした子犬たちや
ぼんやりしたふくろう、やっぱり動物はかわいらしい。
でも動物以外でも、小さくてかわいいもの(ほおずきとか)や
いっぱい集まってる様がかわいいとか
かわいいの表現やモチーフはいろいろ。
女性目線のかわいさ&美術作品としてのクオリティの高さで
飽きる事なく楽しめた。

私は、奥村土牛「兎」
川崎小虎の描いた鹿の絵(タイトル忘れた)
が好き。

会場はほどほどの大きさで、展示も見やすくて
平日で寒かったせいなのか空いていて
お客さんたちも静かで
とてもいい時間を過ごせた。

最近、展覧会に行くと音声ガイドを借りる事にしてるの。
以前は、自分の気持ちの赴くままに観たいなと思っていたんだけど、
一度借りてみたら、興味深い事をいろいろ教えてくれるし
絵の横の解説を読まなくて絵だけを見ていられるから。

メインビジュアルに使われている伊藤若冲の「樹花鳥獣図屏風」は
2/4~の後期で展示されるそうなので
もう一回行こうっと。
そして次回は本当に自分の好きだなーと思う絵を
たっぷりと自由に味わうのだ。

~3/2(日)まで。
<< 夫が作った晩御飯:きのこ鍋 夫が作ったブランチ:ちゃんぽん >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.