奴隷制度の深く重い事実の前で打ちのめされた:映画「それでも夜は明ける」

奴隷制度の深く重い事実の前で打ちのめされた:映画「それでも夜は明ける」_d0339885_13015035.png

とてもとても重い映画だった。
見終わった後は、無言。

アカデミー賞 作品賞を受賞した
それでも夜は明ける

1841年、ニューヨーク州サラトガで自由黒人として家族と共に暮らしていたソロモン。
彼は優れたバイオリニストでもあった。
ある日、仕事を依頼された白人たちに騙され、誘拐され
そして南部、ニューオリンズに奴隷として売られてしまう。
なんと12年もの間、奴隷として過酷な労働と生活と
激しい暴力の中で過ごすことになった・・・。

そういうお話。


数日前までは家族と幸せに暮らしていたのに
今日は名前を奪われ船に乗せられ奴隷として買われて行く。
絶対的な支配の元でひたすら明日も無く働く日々。

生まれながらに奴隷として働き
でも感受性の豊かな女性がソロモンに言う。
「私の人生をお願いだから終わらせてほしい」

ソロモンは、再び自由になり家族の元に帰りたいという強い希望があったけれど
生まれながら奴隷の人たちには、帰る場所も待つ人もいない。

ここで希望を持つことの意味ってあるのかな
なにか得になることがあるのかな

奴隷を所有している裕福な白人たち。
彼らも家族を愛し、神を信じている。
自分の生活のために奴隷たちに罰を与えるのもよしとし
見ない振りをし生きていく。

人間の弱さともろさと恐ろしさと優しさと
それは誰の心にもあって「いい」「悪い」で分けられなくって
だけど希望のない暮しはなによりもつらいことだ。

原題は「12Years a Slave」。
「それでも夜は明ける」というタイトルは、希望を持てという意味でつけたのかな。
「明けない夜はない」っていう感じで。

でも、映画を見終わった時には、違う意味を感じた。

くたくたになるまで働いて明日にも希望がなくて
眠る時だけが安らぎだと思って「ああ、このまま夜が明けないといいのに」って思っても
やはり朝はやって来て、またつらい一日が始まる・・・ということのようにも思えた。


アメリカの奴隷制度のこと、ちゃんと知らなかったな。
そう思って、映画を見終わってから少し調べた。
Wikipedia アメリカ合衆国の奴隷制度の歴史
奴隷貿易 ~アメリカ奴隷制度の歴史

1600年代にイギリス人がバージニア植民地に入植してからスタートした奴隷制度。
この頃は、4~7年の「年季奉公」で、
その後は解放され、仕えていた主人から土地や物資の利用を認められていた。
そして徐々に奴隷たちは資産として終世奴隷となって行った。(1700年頃?)

彼らへの暴力がひどくなっていったのにも理由がある。
サトウキビ畑には、若くて体力がある奴隷が必要で
彼らを扱うためには絶対的で野蛮な暴力で
徹底的に従わせ脱走や反乱を防いだのだった。

1750年代に奴隷制度廃止運動が始まり、
1862年にアメリカ合衆国大統領リンカーンが行ったのが「奴隷解放宣言」。
そこから「奴隷制廃止」の取り組みが始まった。


アメリカで黒人監督スティーブ・マックィーンが撮ったこの映画。
日本人の私が観て感じることとアメリカ人が観て感じることはまた違うんだろうな。

おすすめです。ぜひ。
<< 夫が作ったブランチ:レンコンの... ハイタッチ >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.