佐々木俊尚と暮らす5つの理由

d0339885_12572189.jpg


1)毎日おいしいものが食べられる

我が家は1日2食。
どちらも夫が作る。
彼にとって、料理は右脳を使うリラックスできる時間。
食べることは好きだけど作ることは嫌いなので、とってもラッキー。

2)わからないことがあったらすぐ聞ける

パソコンの設定がうまくいかない!
TPPってなあに?
急に「なぜなぜ?」って気になることにすぐ答えてくれる。
とってもわかりやすいので「我が家の池上彰」と呼んでいる。

3)知らないことをいっぱい教えてくれる

映画や音楽、もちろん好きだけれど詳しくない。
出会って間もない頃、
「どんな本が好き?」って聞いたら
「ロシア文学」って言われて驚いた。
私も本好きだけど、ほとんど日本の流行作家しか知らなかったから。
一緒にいると世界が広がるー。

4)部屋が散らからない

彼はかなりの断捨離派。
とにかく使わないものは即捨てる。
気づいたら私のものも捨てている。
でも私もモノにあまり執着心がないので、あんがい気がつかなかったり。
そしてモノが少ないと掃除しなくてもスッキリした印象。

5)いざと言う時には戦ってくれる

「買ったばかりなのに、壊れた」
「とても失礼なことをされた」
腹が立っても、私は「とりあえず自分が我慢」そして
言いくるめられるタイプ。
でもどうしても耐えられない時もある。
そんな時には夫が前面に立ってくれるので助かる~。


よく、意外な組み合わせって言われるので
そーいえば、なんで一緒にいるのかしら?とちょっと考えてみた。

・・・というわけで、佐々木俊尚と暮らすっていいですよ♪
という結果になりました。

あっ、夫の佐々木俊尚はジャーナリストです。
<< 夫が作ったブランチ:お好み焼き 夫が作った晩御飯:ふきのとうの味噌汁 >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.