好き♪「まっすぐに受け止める素直な心」(映画「キボウノトビラ」の主題歌も聴いてね)

好き♪「まっすぐに受け止める素直な心」(映画「キボウノトビラ」の主題歌も聴いてね)_d0339885_12570783.jpg

えっと。

私には好きな人がいっぱいいます。
どうして好きなんだろうなあー?って考えてたら
その人たちのいいところや好きなところがいっぱい思い出されてきちゃって
書き留めておきたくなったから、時々書こうかな、と思っています。

今日紹介するのは、佐々木詩菜さん。

彼女は、私が通っている福井の工房の若き責任者。
まだ知り合ってから1年も経っていません。

出会った時の印象は、いっぱいいいところ持ってるのに、
なんとなく自信がなさそうに見えてもったいないなあって感じでした。
30歳の彼女を見ていると、その頃の自分を思い出しちゃって、
会うたびについついアツく語ってしまいます。

「自分でボーダーラインを決めないほうが伸びるよ」
「外見からなりたい自分を作っていけば中身も自然と変わっていくからね」
「やりたいことがあるなら初期投資は大切」
「いろんな立場の人たちとつながっていくと自分の幅も広がって楽しいよ」
などなど。
暑苦しかったかも・・・。

でも、一緒にご飯食べながら話したことを、彼女はいつも熱心にノートに書いていました。
「全部、今の私に必要なことです!」って言って。

もちろん私だけが彼女に影響を与えたわけではないけれど、
彼女はこの一年でどんどん変わっていった気がします。

仕事からそして周りの人からいろんなことを吸収して、
ぐんぐんまっすぐ伸びてて、ヒマワリみたいだなーって思います。
あっ、ヒマワリだと枯れちゃうか。
うーん、他にいい例えがあったら書きなおします。

ただ、真面目すぎるのがちょっと心配。
ポキッと折れないように、時々はサボったり悪態をついたりしてほしいかな。

最近、嬉しいお知らせがありました。

彼女はシンガーソングライターでもあって、全国でライブを行っているのだけれど、
工房での休憩時間にギターを弾きながら歌ってくれたことがあり、
私は寝そべって彼女の歌声を聴きながら「きっとこの日のことを忘れないだろうな」って、
とても幸せな気分に。

そんな彼女のオリジナル曲「うしろ髪を束ねて」が、映画の主題歌になったのです。
すごいー!

三重県志摩市志摩町の、閉校して1年になる越賀中学を舞台にした映画
「校歌の卒業式~キボウノトビラ~」

予告編で彼女の歌声も聴けるのでぜひ。

<< 今日のファッション:ジョンブル... WEBマガジンイラストエッセイ... >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.