梶芽衣子の着物姿がすごく好きなのだ。こんな風に着たい:映画「修羅雪姫」(1973年)

d0339885_12552363.jpg

クエンティン・タランティーノがこの映画のファンで
「キル・ビル」でオマージュを捧げたというので存在を知って
何度か観た映画。

修羅雪姫
d0339885_12552366.jpg

解説より

藤田敏八監督が鮮血飛び散る派手な演出でダイナミックに描いたバイオレンス・アクション。
文明開化華やかな明治初期を舞台に、母から託された怨念をはらすために、
修羅の道を歩く美貌の殺し屋・雪を描く。


iTunesでレンタルしてるのを知って、またあらためて観たら
とにかく着物姿がかっこいい。

白地に大きな黄色い蝶が舞ってたり
綺麗なパープルの着物だったり
お太鼓のちょっと崩れた感じの着付けだったりが
すごーく好き。
d0339885_12552394.jpg

梶芽衣子のクールな感じに似合ってるなあ~。
ああ、こんな風に着物を着こなせるようになりたいっ!

1973年の映画だけど、本当にかっこいいのでオススメです。
<< 骨盤体操の猛特訓 これいいよ!掃除しやすい使い捨... >>

Copyright © bizki Inc. All rights reserved.