エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
<   2018年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
Futura の初期型
フランクフルト歴史博物館が6年間かけて新築され、ロゴも一新していました。
e0175918_01093205.jpg
e0175918_01013839.jpg
e0175918_17353045.jpg
小文字の r g n m あたり、Futura の初期型の字形が使われていてちょっと新鮮です。ふつう見かける Futura は、落ち着いた一般的な字形ばかりのものが多いわけですが、最初の発想はけっこうトガっていた。


e0175918_17354503.jpg
これは Futura の発売された1927年の活字の清刷りです。真ん中の清刷りの一番下に見える g は、また違うフォルムです。

博物館のドイツ語のサイトでも同じように使われています。こちら

同博物館の 昔のロゴ は Gill Sans の大文字でした。








by type_director | 2018-02-18 01:01 | Comments(0)
フランクフルトの地下鉄駅に現れた1973年の壁
長男の情報で、フランクフルトの地下鉄 Dom/Römer(ドーム/レーマー)駅に1973年当時そのままの壁が現れたというので行ってみた。
e0175918_22595798.jpg
地上は、このような大聖堂とモダンな建物のコントラストです。

e0175918_22584676.jpg
その下にある地下鉄 Dom/Römer(ドーム/レーマー)駅、いま改装工事中。階段やエスカレーター部分などは新しくなっていた。

e0175918_23562974.jpg
駅のプラットホームはまだ工事中で、資材が置かれている。

壁は、これまでパネルなどで覆っていた部分が改装工事の途中ではがされて、昔のポスターが貼られたままの壁が見える状態になっている。

e0175918_23234358.jpg
このオレンジ色の部分の書体は Cooper Black。
e0175918_00320449.jpg

この黄色のブックフェアのは Helvetica。

刷毛目のように見えるのは、ポスターを貼るときに使う糊の跡に45年分のすすやほこりがついているからだと思う。ポスターを貼るとき、バケツに入った糊に大きめのブラシみたいな刷毛を突っ込んで、その刷毛で壁にたっぷりの糊を付けてからポスターをのせ、さらにポスターの上からも同じ刷毛でこするようにしてしわを伸ばすという作業の様子を何回か見たことがある。
e0175918_23234396.jpg
これは Gill Sans(ギル・サンズ)の極太のウェイトで、Gill Kayo(ギル・ケイオー)と呼ばれたりしたもの。デジタルフォントのいまは Gill Sans Ultra Bold と言っているらしい。
e0175918_23284255.jpg
e0175918_01271850.jpg

これはモーターショウで、すべて Helvetica。「13.–23. SEPT. 1973」とあるのが見える。字間の狭さがすごい。「13」のあと、ピリオドとダーシとどっちが先かわからないくらいで、これ以上は無理だろう。


e0175918_22584191.jpg
この植物園 Palmengarten のポスターも、 Helvetica を使って字間をツメツメにしている。この時代、Helvetica がどれだけ人気だったか、そして字間のツメがどれだけ流行っていたかがわかります。
e0175918_22584005.jpg
M と E との間の空間はほとんど「線」だし、それ以外の文字は全部重なっている。

45年の時の流れを感じさせます。








by type_director | 2018-02-10 22:57 | Comments(0)