エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
カテゴリ:お知らせ( 140 )
Type& 2019 の申し込み受付開始!
今年も、書体や文字について楽しみながら考える2日間、Type&(タイプアンド)開催です。
11月1日・2日の二日間、東京・恵比寿の恵比寿ガーデンプレイスで。

今回もゲストが豪華です。お申し込みはお早めに。詳細とお申し込みはこちらのサイトから。



by type_director | 2019-09-16 06:39 | お知らせ | Comments(0)
TypeTalks 第47回は、「『目的で探すフォント見本帳』(Typography Books)刊行記念 イメージにあったフォントの探し方」

「高級感のあるフォントを使いたいけれど、どれがいいの?」など、フォント選びで困ったことはありませんか? イメージにあったフォントを探すにはどうしたらよいのか、目的別に紹介した書籍『目的で探すフォント見本帳』の刊行を記念して、その制作チームにフォント選びのコツをうかがいます。

2019年6月1日(土)18:00~20:00

東京・青山の青山ブックセンター本店で。

詳細とお申し込みは こちら


by type_director | 2019-04-23 20:11 | お知らせ | Comments(0)
TypeTalks 第46回は「カリグラフィーの書体の変遷」

ABCでabcを語ろう! TypeTalks 第46回は、「3回目となる今回のテーマは「ローマからアルファベットを巡る旅」です。ローマ人がローマ共和国を設立した後、上流階級で使われていた、いくつかの書体を見ていきます。

毎回人気の、ミュリエル・ガチーニ先生に語っていただきます。

開催は、2019年4月13日(土) 18:00~20:00です。

場所は、東京・青山の青山ブックセンター。

詳細とお申し込みは こちら





by type_director | 2019-04-06 11:39 | お知らせ | Comments(0)
トークショー「書体の一日学校」

4月21日(日)新潟の三条市に行きます。そこで開かれるトークショーのご案内です。

アートディレクター石川竜太、ベーシックプロダクトスタジオのエフスタイル 五十嵐恵美・星野若菜、そして小林が、3組の視点を語るトークショーです。二部構成になっていて、一部が石川さんと私、そして二部が 五十嵐・星野さんたちと私のお話になります。

詳細とお申し込みは こちら


by type_director | 2019-04-05 15:56 | お知らせ | Comments(2)
TypeTalks分科会『欧文組版のABC』第10期募集開始

この人気の講座も、10期目を迎えました。

この10期からは新しい内容も盛り込んだということで、ますます充実の活版印刷実習です。


詳細とお申し込みは こちら


by type_director | 2019-04-05 14:52 | お知らせ | Comments(0)
TypeTalks 第46回は「カリグラフィーの書体の変遷」

ABCでabcを語ろう! TypeTalks 第46回は、「ローマからアルファベットを巡る旅 — カリグラフィーの書体の変遷」です。毎回人気の、ミュリエル・ガチーニ先生に語っていただきます。

西洋カリグラフィーの第一人者、ミュリエル・ガチーニ先生(MGスクール校長)。TypeTalks 第39回「西洋紋章の基本」、第43回「書の歴史(メソポタミアから出発して5000年にわたる古代文明をたどり、ヨーロッパの文字の発展について)」に続き、3回目となる今回のテーマは「ローマからアルファベットを巡る旅」です。


開催は、2019年4月13日(土) 18:00~20:00です。

場所は、東京・青山の青山ブックセンター。


詳細とお申し込みは こちら



by type_director | 2019-03-13 18:30 | お知らせ | Comments(0)
TypeTalks欧文分科会中級編第4期(基礎編受講生対象)

TypeTalks欧文分科会中級編第4期(基礎編受講生対象)のおしらせです。欧文組版の髙岡昌生さんのセミナー基礎編を受講された方を対象に、実践により近い形式で進める講座です。

詳細、申し込みは こちら






by type_director | 2018-12-17 23:48 | お知らせ | Comments(0)
TypeTalks 次回は「タイポグラフィを学ぶための本『Typography』が選ぶ、おすすめの雑誌・書籍」

次回 TypeTalks では、これまで『Typography』に寄稿したり特集で登場したりした人たちが登壇します。登壇者めいめいが推薦図書を持ち寄って、その場でその本の良さを紹介していくという構成になっています。

私もその中に入っていて、こないだのフランクフルト・ブックメッセで出会った本や、影響を受けた日本の本などについて語ります。

11月17日(土)夕方、東京・青山ブックセンターです。詳細とお申し込みは こちら



by type_director | 2018-10-23 12:47 | お知らせ | Comments(0)
TypeTalks分科会「欧文組版のABC」第9期 基礎から応用まで
欧文組版の第一人者、嘉瑞工房の高岡昌生さんが開く人気の講座の受講者募集のお知らせです。

紹介の言葉に「自信を持って欧文を扱える考え方を学びます」とあります。これが本から得た「知識」ならしばらく経つと忘れてしまいますが、「考え方」は応用がきくし、ちょっとやそっとでは忘れないのです。

文字の扱い方に自身が持てるようになりたい方、ぜひ。詳細は こちら

by type_director | 2018-08-21 22:20 | お知らせ | Comments(0)
VAG Rounded のアップデート版 Next 登場
ちょっと宣伝です。隠れたベストセラー、VAG Rounded(ブイ・エー・ジー・ラウンデッド)のアップデート版、VAG Rounded Next が出ました。

「隠れた」と書きましたが、じつはスーパーマーケットに行ったときによく見かけるフォントです。欧文書体では、昔は丸ゴシック体というのがそんなに流行っていなかったのですが、その時代からあったわけで、長い間かけて地味にけっこう深いところまで浸透しています。

スーパーマーケットに行ったら、すぐに VAG Rounded 使用例が見つかりました。ドイツでずっと前からあるヨーグルトのロゴ。
e0175918_19100381.jpg

そして、グミの Haribo。商品名にも会社名にも使っています。
e0175918_18542668.jpg
Haribo の定番のタグライン「Haribo は子供も大人も喜ばす」も VAG Rounded で組まれていて、上の写真の小さい白ヌキの「ERWACHSENE EBENSO」は、そのタグライン後半です。
e0175918_19083090.jpg
e0175918_18542757.jpg


そして Haribo のパッケージで特徴的なのが、大きい文字には「ツヤ感」を入れること。
e0175918_18542622.jpg

Next ファミリーでは、これに似たツヤ感の入ったバリエーション「Shine」が新しく加わりました。あと、グミにはちょっと向かないかもしれませんがクッキー系で役立ちそうな「Rust」というバリエーションもあります。



by type_director | 2018-08-01 13:54 | お知らせ | Comments(0)