エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
カテゴリ:未分類( 464 )
ルドルフ・コッホとツァップさんご夫妻とのつながり
今月初めに101歳のお誕生日をお迎えになったグドルン・ツァップ・フォン・ヘッセさんのお宅に、明るい黄色の花束を持ってお祝いの言葉を述べてきました。
e0175918_03461482.jpg
グドルンさんが、いつも通りいそいそと勧めてくださる美味しいお茶とケーキが楽しみです。

ドイツはこの日、二ヶ月ぶりくらいに晴れ渡って午後になっても氷点下、いつも以上にそのお茶が美味しい。グドルンさんがおっしゃるには「ダルムシュタットは、水が良いのよ」。ケーキは必ず二つ以上いただきます。今回うかがったのが1月18日、髙岡重蔵先生がご存命だったら98歳のお誕生日だったので、二つ目のケーキは重蔵先生のぶんと思って味わいました。

最近、ルドルフ・コッホ(Rudolf Koch、1876–1934)の本を古本でいろいろ買ってながめていて、わからないところがたくさんあったのでグドルンさんに質問してきました。

たとえば、この本『Das ABC Büchlein』(ABCの小冊子)のなかのこの字は書き文字の種類としては Sütterlinschrift なのか、それとも deutsche Schreibschrift なのか、とか。これは deutsche Schreibschrift で、グドルンさんが学校で習ったのはこれではない、などなどお話をしていただきました。
e0175918_01495453.jpg
コッホの本は、他にもこの切り絵の本がすばらしい。私の持っているのは1940年前後に発行されたものです。中身は同じ。本の表紙は出版年によって違って、私の知っているのはこの二種類があります。
e0175918_02152937.jpg

1915年前後に、コッホが自分の一家の生活の様子を切り絵にしたもので、4人の子供たち(兄パウルと3人の娘たち)の何気ない日常の一瞬が収められています。そして、日常の生活のページのところどころに、庭の風景が挟まれます。
e0175918_02245397.jpg
庭先や道ばたに普通に生えている、いわゆる「雑草」をコッホはこよなく愛し、それを木版画にまとめた本もあるくらい、コッホの雑草を見つめるまなざしは温かく、そしてコッホの手を通して切り絵になった雑草のたたずまいの美しさには、ため息が出ます。

コッホの本に出会って、それとエドワード・ジョンストンの本の二冊をお手本にカリグラフィを始めた、というのは、知り合う前のグドルンさんもヘルマン・ツァップさんも同じですが、お二人ともルドルフ・コッホさんに直接お目にかかったことはなかったそうです。コッホが1934年4月に亡くなったときは、1918年生まれのグドルンさん16歳、ヘルマンさんも15歳でした。

でも、その数年後、当時はまだ無名のヘルマン・ツァップさんはルドルフ・コッホの息子パウル・コッホの工房で働き始めます。当時、ヘルマンさんは市電の乗車券の料金を節約するために4キロメートル以上の道のりを歩いて工房に通ったそうです。しかし、パウル・コッホは、音符についての小冊子を1939年に出したところで兵役にとられてしまいます。

これはその冊子の第二版。1953年の出版です。
e0175918_01495321.jpg
e0175918_04514674.jpg
1953年のこの第二版には、「パウル・コッホは戦争から戻りませんでした。彼の友人、フランクフルトのヘルマン・ツァップがこの第二版を彼のために出す。」と書かれています。

本文に使われているのはルドルフ・コッホの活字書体 Jessen で、音符や歌詞はヘルマン・ツァップさんが書いています。
e0175918_01495344.jpg

ルドルフ・コッホの切り絵の小さな本の中で、3人の妹たちが乗っかった小さな荷車を前のめりになってぐいと引っ張っている子供のパウルくんが、私の知っているパウル・コッホの姿です。そしてそのパウルくんは、ヘルマン・ツァップさんに大きな影響を与えたあと戦争にかり出されて1945年に亡くなってしまいました。

グドルンさんもヘルマンさんも、お話をうかがっていると戦争をとても悲惨なことと考えているのがわかります。こうしたつながりをたどってみて、戦争でどんなにたくさんの大きなものが失われたのか、呆然とするよりほかありません。








by type_director | 2019-01-21 20:49 | Comments(0)
お菓子の箱を見て考えた
クリスマス時期のお菓子のひとつ、「ドミノシュタイン」つまりドミノ牌という名前のこのお菓子、英語では「ジンジャーブレッド」と書かれています。ジャムを挟んだチョコレートケーキをチョコレートで包んでいます。
e0175918_22022044.jpg
ここで使われているブラックレター書体は San Marco です。いわゆる「ラウンドゴシック体」で、日本でいう丸ゴシック体でなく、いくつかのブラックレター書体のうちアルプス山脈より南の地域で発展したブラックレターのスタイルです。左下のローマン体では Stempel Garamond のスモールキャップが使われています。大文字が下がっている理由は不明。デフォルトでは大文字の下の線もスモールキャップの線も同じ線にのっかるはずです。

この箱の絵は、130年代にニュルンベルクの城で絞首刑になるはずだった盗賊騎士が馬に乗って城のお堀を飛び越えて逃げ去ったという武勇伝(?)をモチーフにしています。ニュルンベルクの町の紋章が右上にあります。ドイツに住んでいると、どこに行ってもこういう町の紋章があちこちに掲げてあるので、紋章を見ただけで町の名前が出てくるようになります。それだけ、普段の生活のなかで紋章があちこちにちりばめられているわけです。







by type_director | 2018-12-25 14:55 | Comments(0)
プレゼントはミニチュア広告塔
ドイツにも、ヨーロッパ各地にもそこら中にある広告塔。
e0175918_04514665.jpg
前にも この記事 で書きました。

きょう12月6日は、ドイツではサンタさんがやってくる日です。私の仕事場にも、朝8時からのミーティング中にサンタさんが来たらしく、自分のデスクに戻ったらプレゼントが置いてありました。今年も良い仕事ができたからサンタさんが来たのかな。

そのプレゼントは、今年のはドイツのクリスマス時期の焼き菓子レープクーヘンの入った広告塔のミニチュア缶でした。
e0175918_04512470.jpg
昨年から私がこれを集め始めたのを知っていたらしい。昨年の缶は右、きょうサンタさんがくれたのが左の2018年バージョンのミニチュア缶です。



by type_director | 2018-12-06 20:44 | Comments(0)
青山ブックセンターでの TypeTalks で推薦した本
そして今回の出張での一般公開の講演ふたつめ。

11月17日、東京の青山ブックセンターで開かれた TypeTalks で登壇、おすすめ本を紹介してきました。

私が選んだ本と推薦のコメントを載せます。良い本はどんどん紹介しないと。

1.『手仕事の日本』柳宗悦著 岩波文庫

この本に出会ったとき、文章のわかりやすさに驚きました。基本的な民芸の精神が読んでいて頭にスッと入ってくる。民芸だけでなくデザイン全般に通ずる心構えの本です。

2.『街の公共サインを点検する:外国人にはどう見えるか』本田弘之・岩田一成・倉林秀男著 大修館書店

ちょっと笑えないレベルまできている、日本の中の外国語の公共サイン。その言語を話す外国人の目線で、おかしな点をビシビシ指摘していて気持ちいい。

3.『カリグラフィー・ブック』三戸美奈子著 誠文堂新光社

きれいな図版のおかげで、眺めているだけでちょっとうまくなったような気分になってしまう。もちろん、練習のお手本として書かれているんですが。

4.The Insects Project: Problems of Diacritic Design for Central European Languages

言語によって異なる特殊なアクセント記号。本来どこについているべきなのか、どんな形をしているべきなのか。その言語を普段使っている人たちからの提言をまとめたもの。

これはフランクフルトのブックフェアで紙媒体の本が展示されているのを見つけて、すぐ買おうと思ったのですが書籍の入手方法がわからず、調べたらなんとオンラインで全ページ見られますしダウンロード可です。こちら

e0175918_01295454.jpg

会場では、当日こんなふうに特設コーナーを設けていただきました。


by type_director | 2018-11-25 22:53 | Comments(0)
Butzbach の看板
山を越えた Butzbach という町においしいパン屋があるのを見つけたので、日曜日はよくそのパン屋まで走ります。アウトバーンを使って約20分。

きょう、その帰りに寄り道して通った Hoch-Weisel という小さな町では、あちこちに一昔前の看板がやや色あせた状態で残っていました。
e0175918_21054392.jpg
e0175918_21054342.jpg

上から順に、リンゴ酒、リンゴのジュース、そしてスパークリングのリンゴ酒の看板。リンゴの農家が多いのでしょうか。
e0175918_21054301.jpg
e0175918_21054283.jpg
e0175918_21054279.jpg

この町の家々の門のサイズが他の町では見たことのない大きさや高さで、門の装飾も独特でした。正午すこし前で気温が4度、風も強くて数枚写真を撮っただけで手がかじかんできたので、そこそこに切り上げました。こんどじっくり回ってみたい。
e0175918_21054446.jpg
e0175918_21054267.jpg
e0175918_21173436.jpg
e0175918_21173327.jpg
e0175918_21173396.jpg








by type_director | 2018-10-28 12:58 | Comments(0)
フランクフルト・ブックメッセ
きょう、ブックメッセに行ってきました。
e0175918_04234919.jpg
e0175918_04234958.jpg
クッキング本では、あいかわらずユルめのスクリプト体が人気。
e0175918_04234932.jpg
会場が広くて、本がとにかくたくさんあって、朝9時から夕方5時までいてもあっという間でした。

今回のテーマの一つがジョージア(国)で、特別に設けられたコーナーにジョージアの本などがたくさん展示してあります。これは豆本の展示。
e0175918_05183877.jpg
そのブースで、 Monotype も協賛して Neue Frutiger World の一部 Neue Frutiger Georgian 書体デザインの展示をしているんです。
e0175918_04234812.jpg
e0175918_04291620.jpg
ジョージア文字のデザイナー Akaki Razmadze さんのデザイン。Neue Frutiger ラテンアルファベットを担当したのが私なので、このジョージア文字のディレクションも私ですが、もちろん最初に Akaki さんからジョージア文字の基本的なことを教わりました。その時に書いた記事が これ です。

ジョージア文字にスポットライトを当てた Neue Frutiger World のフライヤーもおいてありました。

会場では「世界の美しい本」展と「ドイツの美しい本」展も開かれていて、おもにそこで片っ端から本を見てきました。なかでとても気に入ったのが、子供向けの本部門で展示されていたこの本。
e0175918_04245610.jpg
『Ich so du so』というタイトルは文字通り訳せば「私はこう、あなたはそう」で、つまり十人十色ということを絵本にしたもの。表紙の真ん中、舌の部分に書かれたサブタイトルが「だれもがみんな超普通」。

「いわゆる『普通』ってなに?」とイラストと文章で子供に問いかける内容です。中を見ると、見開きの左ページに、お絵かきに夢中の女の子が二人のイラスト。金髪で肌の色の白いの女の子が、自分の書いている絵に集中しながらも、隣の女の子に「ねー、肌色貸してー」といって手を出しています。隣の、黒髪で褐色の肌の子も夢中で自分の絵に向かいながら「はーい」と褐色を差し出す、という場面です。

そのイラストの隣のページには、20本くらいの色鉛筆、どれもいろんな種類の「肌色」。その見せ方のうまさに感心してしまいました。

他のページでは、身体つきや得意なことの違いなど、いろんな人がいるね、というのを上から目線でなく子供たちの体験談で語ってもらって、軽めでわかりやすいイラストを添えています。

この話をうちの息子たちにしたら、ドイツの学校で一般的に使う色鉛筆や絵具でもたぶんまだ「肌色(Hautfarbe)」という呼び名が残っているんじゃないか、ということでした。そしてその色は薄いピンクと薄いオレンジの中間くらいです。
e0175918_04234833.jpg
展示コーナーには、本の隣にこんな名刺大くらいのカードがたくさん置いてあり、気になった本の情報を持ち帰ることができるのも親切です。

他にも、2枚目の写真の右にある Duden のブースでは、ジェンダーやモラルについての教本的なものが大々的に展開されていました。Duden って辞書だけじゃないんだ! いろいろ不勉強だったのを少しアップデートできた一日でした。






by type_director | 2018-10-11 19:23 | Comments(0)
ナンバープレートの文字
車を買い換えて、新しいナンバープレートの登録に行ってきました。

登録の手続きが済み、役所の外側にあるナンバープレートの発行所で。凸型のブロック状の文字や数字を並べて置き、その上にナンバープレート用の金属板を置いて押しつけて出っ張らせる。凸型の文字が並んでいる棚です。
e0175918_19092342.jpg

そのあとで、出っ張った部分を黒くするわけですが、その部分は別の機械に移し、ナンバープレートを熱して色のついたフィルムを圧着させておわり。これが圧着の機械にナンバープレートを通すところ。
e0175918_19092350.jpg
できあがったナンバープレートは暖かいです。
e0175918_19092395.jpg

この文字や数字は書体デザイナーでカリグラファーでもあった Karlgeorg Hoefer のデザイン。たとえば F に横棒を書き足して E にするなどの偽造がしにくいように、同じ形が繰り返し出てこないようなデザインになっています。こちら で全文字が見られます。

「HG」は私の住んでいる Bad Homburg 市の略称。市の略称については、ドイツでは「何の略か」をふざけた勝手な解釈をすることがあります。こないだの Red Dot Awards 審査会のとき、ドイツの役員との世間話で、お金持ちの多い Bad Homburg 市の「HG」は「Hat Geld(お金持ってる)」という意味だ、と言われました。








by type_director | 2018-10-04 11:55 | Comments(0)
ドイツで試行錯誤中の、性の区別ない表記方法

英語でたとえば「teacher」は性別問わずどっちも使えるけど、ドイツ語の職業の名前ではたいてい「男なのか、女なのか」で変わる。たとえば、Lehrer (レーラー、男性の教師)、Lehrerin (レーラーリン、女性の教師)。「-in」がつくと女性です。英語でもたまに出てくる「-ess」みたいな感じか。

新聞などで従業員募集の広告を見ると、 たいていは男性形と女性形が並列されます。たとえば「社長」は「Geschäftsführer/in」というふうに書かれて、それは「Geschäftsführer(男性の社長) または Geschäftsführerin(女性の社長)」つまり性別問わずそのポストに就く人材を募集しているという意味です。

複数形の場合、それに -en が加わります。複数いて自然な「同僚」という単語にしましょう。たとえば Kollegin(女性の同僚)が複数になると Kolleginnen (女性の同僚たち)、Kollege (男性の同僚)が複数になると Kollegen(男性の同僚たち)になる。

最近の動きで、それを一つにまとめて表記しようという動きがあります。たとえば、この新聞記事のようにアステリスクを使う方法。

e0175918_06184840.jpg
この場合は「Autoren または Autorinnen」つまり「性を問わず作家たち」です。意外なアステリスクの用法があるもんだ。

性を問わず同僚たち」を表現するときに「Kolleg*innen」とする方法は「Gendersternchen」(ジェンダーのアステリスク)と呼ばれています。

ほかにも、「KollegInnen」と大文字のアイを途中に挟む方法、「Kolleg_innen」と書く方法などがあって、試行錯誤中です。ウェブで検索したら、いろいろ出てきてちょっとした混乱状態です。

書いた人が違うのか、一つの記事なのに項目によって大文字のアイを途中に挟む方法とアステリスクの方法とが混ざって使われていたり、ある学校のホームページで「性を問わず学生の皆さん」を表記したいのに 「SchülerInnen und Schüler」つまり「性を問わず学生と男子学生の皆さん」というふうになったりしてます。

新聞『Die Zeit』紙で組んだ特集では作家たちに意見をきいていますが、「Kolleg*innen」、「KollegInnen」、「Kolleg_innen」いずれの表記方法も評判が良くない。見た目的にダメすぎる、役所で使うような事務的な文章ならともかく著作物には使えないという意見が多いようです。








by type_director | 2018-08-13 02:48 | Comments(0)
通りのリノベーション後も残る文字
私の住んでいる町の中心部の通りが、最近リノベーションされてきれいになりました。前から残っていた古い建物とか、その壁に残っていた文字とかがどうなっているのか、おそるおそる行ってみました。
e0175918_00490011.jpg

結果は、ほぼそのまま残っていて良かった! この手前の建物の少し傾いた木製のドアも、そのまま残っています。
e0175918_00490146.jpg
壁の文字も。
e0175918_00490081.jpg


この数字も良い。
e0175918_00490079.jpg
これは「大工のマイスター」と書いてある。上の絵は鉋か。
e0175918_00485966.jpg
パン屋さん。いまはパン屋さんは跡形もないけど、文字が残っています。
e0175918_00490116.jpg
1912年にリノベーションされたときに書いたと思われる文字です。1が面白い。
e0175918_00490101.jpg







by type_director | 2018-08-06 05:46 | Comments(0)
怒鳴る!トランプ大統領
友人からのしらせで、こんな話題があることを知りました。
トランプ大統領のツイートについての、BBC Japan の記事
e0175918_15233923.jpg
4年前に私の ブログ記事 でも「大文字だけで組んだ言葉は、文章の中でそこだけ大声で怒鳴っているみたいに見えます」と書きました。

日本に出張するたびに、一流企業の英文でのパンフレットなどで会社名、商品名、人名や地名を大文字で組んでいる例を見て違和感を覚えます。企業に招かれての講演でも、この話題は必ず入れて、みっともないから止めた方が良いですよと言います。

こんど、大文字でなにか書くたびに、音読してその部分だけトランプ大統領の声で大声で読んでみると、どんな印象のメッセージになるかがわかっていいかもしれません。




by type_director | 2018-07-26 15:14 | Comments(0)