エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
書くときの数字と印刷用の数字
現在連載中の雑誌『デザインの現場』で、「欧文書体のつくりかた」6月号の数字のデザインについての原稿をおととい書き終えました。そうしたらすぐに編集部の宮後さん(こちらの オフィシャルブログ を書かれている方)から質問がありました。

「たとえば、数字の1は書体によって、大文字Iみたいに一本線のものや、 頭と足にセリフがついたものがありますが、 どっちのデザインにするかは何で決まるのでしょうか?」

じつに良い質問です。サンセリフ体の1の脚にセリフが付いていても、別におかしくはないけど、たしかにまったくの縦棒の1もあります。これは Gill Sans(ギル・サンズ)です。
書くときの数字と印刷用の数字_e0175918_5155993.jpg


国によって「かきかた」とかで教えている数字が違うとか、郵便番号に使う数字とかが違うのも同時になんとなく感じていますが。アメリカと日本は郵便番号の見本になっているのは1は縦棒のみですよね。

これはロンドンで。フリルひらひらみたいなのポンド記号の右隣に、なんか味気ない縦棒のみの1。飾りをつけようと思わなかったのか?
書くときの数字と印刷用の数字_e0175918_515463.jpg

ドイツだと、1の左上のくちばしが非常に長かったり、そうすると7にどんどん近づくからか、7に横棒を入れたりします。また0(ゼロ)は一筆で書いたあとにてっぺんから右方向に伸びる線とかが入ります。こんなふうに。
書くときの数字と印刷用の数字_e0175918_5162786.jpg
うちの子供が行っている現地小学校でもそういう0の書き方を指導しています。しかし一般的な印刷物ではそういう0の書き方をしない。つまり書き文字と印刷用の文字とをどこかで器用に使い分けているみたいで、別にそれで不便は感じません。
ちなみにこのジャムはフランス製です。フランスでもこのデザインの数字なのか、ちょっと気になります。

そういう「書き文字」に見られる特殊な字形は、あんまり書体デザインに採用されないんですが、採用された例を最近私が関わったプロジェクトから。

Zapfino(ツァプフィーノ)という書体が Mac OS X 以降に搭載されていますが、ゼロが2種類入っています。私はこれをツァップさんといっしょにつくっていたのでよく知っているんです。
書くときの数字と印刷用の数字_e0175918_5183541.jpg

DIN Next(ディン・ネクスト)は、ドイツの高速道路などに使われているドイツ工業規格の文字をベースに現代的なデザイン処理を施したライノタイプの新書体です。1と7,その他にも6と9に2種類の形があります。
書くときの数字と印刷用の数字_e0175918_5191281.jpg


DIN Next は、うちのこれまでの「ネクスト」書体の中でもっとも短期間で売り上げを伸ばしているそうです。この丸いバリエーションもおすすめです。
書くときの数字と印刷用の数字_e0175918_5202873.jpg

by type_director | 2009-04-02 05:14 | Comments(2)
Commented by ろり at 2009-04-30 15:05 x
はじめまして。
私の属しているある業界では、官庁に出す書類の数字の4は上の三角を開けて書くのがきまりです。コンピューターで印字するようになりつつあるこれからは、そういう字体の手書き風のもので提出してお役人の表情を眺めたいという希望を持っています。
Commented by type_director at 2009-05-20 06:40
ろりさん、コメント有り難うございます。返事が遅れてごめんなさい、ご投稿に気づくのが遅れました。
「4は上の三角を開けて書くのがきまり」、なるほど、そういう業界の掟があったりするわけですね。DIN 書体もそうなってます。手書き風でもきっとあるでしょうね。