エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
もうひとつの売店に書かれた文字は

一つ前の記事に載せた売店からそんなに離れていない場所に、もうひとつの古い売店があることを知り、きょう行ってきました。

もうひとつの売店に書かれた文字は_e0175918_21471663.jpg

ここには、昔のレタリングはありませんでしたが、「ハーナウを忘れるな」という言葉が売店にステンシルでスプレーされていました。

もうひとつの売店に書かれた文字は_e0175918_21471832.jpg


一年前の昨日2月19日、フランクフルトからそんなに遠くないハーナウ市で、人種差別的な考えを持つ43歳の単独犯に9人の命が奪われる事件があり、犯人はその後自分の母親も殺してから自害しています。

この事件の起きたハーナウ市では、ちょうど1年を迎えたきのう追悼の集会が開かれ、ドイツのニュース番組も長い時間を割いて追悼の特集を組んでいました。ニュース映像では、犠牲者のモニュメントのある広場に自発的に集まったと思われる市民が大勢いて、口々にインタビューに答えて、この悲劇を繰り返さないようにと訴えていました。

まさにドイツ全土が悲しみに包まれた、という日でした。

ハーナウ市とは別の場所にあるこの売店の向こう側の広場は、ドイツの哲学者カントの名前がつけられていて、カントの言葉を刻んだモニュメントも立てられています。

もうひとつの売店に書かれた文字は_e0175918_21471857.jpg




by type_director | 2021-02-20 10:46 | Comments(0)