エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
10年

100年」という単位のことを考えたのが先週、そして今度は「10年」を考えてみます。

本文にも使われるような書体は、あちこちで頻繁に見かけるようになるまでには10年かかる、と思います。

スーパーマーケットに行ったら、2017 年の このブログ で書いた、牛乳に混ぜて甘い飲み物にするための粉末「Kaba」のロゴが、私のつくった書体 Akko Rounded になっていました。Akko の発売は 2011 年。ちょうど10年です。

10年_e0175918_01160810.jpg

2017 年のときのパッケージがこれ(下)。

10年_e0175918_01164337.png

このほかにも、去年見た例では、住んでいる町の旧市街で昔は帽子屋だった小さな個人店が新しくアクセサリーなどのお店に変わっていたので近づいてみたら、そのチラシに使われていたのが Akko だったことも。

そして、昨年8月のブログ で書いたとおり、ドイツの南部の Covid-19 の検査場の案内が Akko で組まれていました。

10年_e0175918_04124646.jpg


そして、Akko より少し前に私が設計して 2009 年に発売された DIN Next Rounded のほうも、ドイツ鉄道が昨年新しく導入した車輛の番号や数字部分などに使われています。長男が撮影してくれました。

10年_e0175918_01535198.jpeg
10年_e0175918_21482810.jpeg
10年_e0175918_01541561.jpg
車内にある、停車駅案内の液晶パネルも。
10年_e0175918_01160963.jpeg

いつからか知らないけど、テレビ番組のテロップにも使われていました、、ヘッセン地方のニュースです。

10年_e0175918_01160829.jpg

Akko や DIN Next Rounded は、本文にも使われることを想定して設計しました。

どちらも、最先端の流行を取り入れた見出し書体と違って、すぐにパッと火がつかないぶん、長く使われるはずです。





by type_director | 2021-01-25 00:58 | 小林章の欧文書体 | Comments(0)