エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
ドイツ北東部巡りの旅で見かけた文字

夏休みをとって、ドイツ各地を旅行してきました。Covid-19 感染者数の少ない地域、おもにドイツ北東部をまわってきました。各地で印象に残った文字を載せます。

Potsdam(ポツダム)です。

ドイツ北東部巡りの旅で見かけた文字_e0175918_22225740.jpeg

肉屋さんの看板が、凝ってはいないけれどいい味を出しています。


この写真の奥に見える、塔のある場所が目当てで行ったのです。

こんなふうに、城壁を市電がくぐります。

ドイツ北東部巡りの旅で見かけた文字_e0175918_22225739.jpeg

門の幅が狭いため、複線の軌道をこのように重ね合わせています。鉄道好きの長男の受け売りですが、これをガントレットと呼ぶそうで、これが珍しいのです。

ドイツ北東部巡りの旅で見かけた文字_e0175918_22225833.jpeg

Stralsund(シュトラールズンド)です。

ドイツ北東部巡りの旅で見かけた文字_e0175918_22225983.jpg

道路名の表示版が、わりと太細の抑揚のついたセリフ体です。

ドイツ北東部巡りの旅で見かけた文字_e0175918_22225641.jpg

そして Halle(ハレ)の町では…

ドイツ北東部巡りの旅で見かけた文字_e0175918_22225854.jpg

道路名の表示版が、太細の抑揚の極端についたドイツ文字 Fette Fraktur です。昔のドイツ文字の、読みにくい文字の代表格 A と G と S が集まってしまいました。

ドイツ北東部巡りの旅で見かけた文字_e0175918_22414139.jpg

Gustav-Anlauf-Straße」と書いてあります。


マスク着用の義務だとか店に入れる人数の制限とかはありましたが、これまであたりまえだったこんな町歩きができることが、とても有り難く感じられた休暇でした。






by type_director | 2020-07-26 22:13 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(0)