エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
また城下町 Runkel の文字
9月中旬から日本に出張に行っていて、きのう夕方にドイツに戻りました。昨年10月に記事を書いた Runkel という城下町に、また行ってきました。

これはお城の正門。日本は台風のニュースが大きく取り上げられていますが、ドイツは快晴の日曜で、秋の日差しがまぶしかった。
e0175918_01461783.jpg

昨年10月の記事、「Runkel の文字(1)」と「Runkel の文字(2)」は城とその周りの文字でしたが、そのときには歩きまわらなかったほうの建物に面白いサンセリフ体があります。線路脇のこの建物。
e0175918_01461788.jpg

壁に「ALTDEUTSCHE BIER- U. WEINSTUBE」(古のドイツのビールとワイン酒場)と書かれていて、文字はかまぼこ状に盛り上がっています。
e0175918_01461731.jpg

Cが良い味出しているだけでなく、スペーシングにもなかなか苦心している気がします。Sが少し右に傾いているのは、少しでもT−S間を埋めたかったからじゃないか、と考えてしまいます。Sが左に傾くのは倒れそうに見えて違和感があるけど、右に傾くのは気にならないんです。






by type_director | 2018-09-30 18:39 | 公共サイン・標識・観光案内 | Comments(2)
Commented by akira1975 at 2018-10-02 15:27 x
確かに、Cが良い味を出していますね。
この書体のSを思い出しました。
https://www.typotheque.com/blog/halte_a_display_family_with_an_extra_dash_of_personality
Commented by type_director at 2018-10-08 03:33
akira1975 さん、コメントありがとうございます。
見ました。面白い書体ご存じですね! もとのバス停の文字の小文字 s の上が完全にフラットになっていてすごい!