エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
TypeTalks 第42回は「ヨアヒムの漢韓観(かん・かん・かん) ヨーロッパ人の目から見たアジア圏の欧文書体デザイン」
第42回の TypeTalksは、ドイツ出身のデザイナーで、現在は講師として韓国で書体デザインを教えているヨアヒム・ミュラー・ランセイさんが登壇します。

ヨアヒムさんは Shuriken Boy や2011年サッカーの女子ワールドカップで使われた Flood などの欧文書体もつくっていますが、日本語書体デザインでモリサワや ATypI 主催の書体コンテストで受賞を重ねるなど、洋の東西を問わず活躍するデザイナーです。

いま住んでいる韓国ではアン・サン・スー氏の韓国語書体に添える欧文書体デザインも制作するなど、ますます活躍の場を広げるヨアヒムさんに、西洋の文字と東洋の文字の話を日本語でしていただきます。私もドイツから参加します。

いつもどおり、皆さんからの質問も大歓迎です。

2018年1月27日(土)18:00から、東京・青山の青山ブックセンターで。
詳細と申し込みは こちら







by type_director | 2017-12-30 06:40 | お知らせ | Comments(0)