エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
コッホの戦争体験手記
古書で、ルドルフ・コッホの『擲弾(てきだん)兵の戦争体験』を手に入れました。
e0175918_04033824.jpg
今からちょうど百年前、1917年の3月下旬にはコッホはフランスの Sainte-Marie-à-Py という町で地下3メートルのところにケーブルを敷設する作業をしていたと書いてます。

寒気が薄い壁から部屋に入り込む。三年間鳴り止まない砲声、妻子から遠く離れて…と寂しさを綴った言葉が続きます。
e0175918_04043318.jpg

Sainte-Marie-à-Py がどういう町だったのか見てみたくなって探してみると戦時中の写真が出てきました。これこれ では建物が破壊された状態の第一次大戦中の町が見えます。コッホと同じ風景を見ているような気になりました。

そのコッホの家庭の様子が切り絵になって収められた小冊子があります。
e0175918_04452427.jpg
コッホが戦争にかり出されるのは1915年の8月。切り絵の中には「1915」と入ったものが数点あるので、彼が戦争に行く前の家族の様子なんでしょう。居間での一家団欒。
e0175918_04460175.jpg
末っ子の誕生日。この瞬間のみんなの仕草が、文字通り「切り取られて」美しく残っています。
e0175918_04454824.jpg
コッホは、こんな家族を残して戦地に赴いたわけですね。

by type_director | 2017-04-02 04:02 | Comments(0)