エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
ハウス・スタイル(2) イギリス式の小数点
昨年末に届いたイギリスの出版社の組版マニュアル17種類を比べながら見ています。

このブログ の3枚目の写真解説でも書いたように、イギリスではときどき小数点に上下中心の点、日本でいうところの中黒(なかぐろ)みたいなものが使われることがあります。

私の持っている組版マニュアルを見る限り、イギリスでは活版印刷の頃はその上下中心の小数点を採用するところが多かったように思います。

こんなふうに、上下中心の小数点を使えと始めに示して、1未満の数字では小数点前のゼロを省略するなと書いているマニュアルが多い。
ハウス・スタイル(2) イギリス式の小数点_e0175918_2049344.jpg


これも同様。ただ、このマニュアルの場合は、その次の行でライノタイプ鋳造機の場合は例外として小数点の代わりにピリオドの使用を認めているところが面白い。
ハウス・スタイル(2) イギリス式の小数点_e0175918_2053575.jpg


でも、ゼロを省略して、しかもベースラインにそろっている点つまりピリオドで組むのを奨励しているところもある。下から2行目。(追記:小銃の口径や野球の打率の表記などではゼロが省略されることが一般的らしいです。)
ハウス・スタイル(2) イギリス式の小数点_e0175918_2053089.jpg


いずれも活版時代の組版マニュアルです。いろんなところがいろんなルールを持っていたみたいです。それぞれに、理由があるんだろうな。
by type_director | 2016-01-12 12:43 | Comments(0)