エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
Calcite と Clifford の使用例
デン・ハーグの町で見つけた。私の書体 Calcite (カルサイト)を使ったお店のロゴです。
e0175918_16493330.jpg

e0175918_20104094.jpg


これは、その翌日フランクフルトで見つけた。私の書体 Clifford (クリフォード)を映画のタイトルに使った例です。
e0175918_2061462.jpg

e0175918_2011873.jpg

by type_director | 2014-06-14 16:37 | 小林章の欧文書体 | Comments(3)
Commented by ユウ at 2015-02-25 13:10 x
はじめまして。いつも書籍等、楽しく読ませて頂いております。度々取り上げられるアポストロフィ問題で質問があります。組版についてのルールというのは理解できるのですが、ロゴタイプに入る場合では、そこまで重要視しなくても問題ないでしょうか?デザインポイントとなる箇所で、内側に払いを向けられないデザインの場合等です。例えば、葉をモチーフにしているカナダのデニーズや、ウェンディーズがそれに近いのですが。。
Commented by type_director at 2015-03-03 03:53
ユウさん、コメントありがとうございます! ロゴの場合はそんなに細かく気にしなくても良いと思います。アポストロフィ以外でも、たとえば大文字 O の代わりに何か丸い形のものを置いて読ませたり、S の代わりに $ とか、いろいろありますよね。
去年の12月の記事「ニューヨーク・グランドセントラル駅の100周年ロゴ」でも、ゼロの代わりに大文字 O を使った例を紹介しています。ぱっと見てそれがわかれば良いんじゃないでしょうか。
Commented by ユウ at 2015-03-03 23:14 x
お返事ありがとうございました!モヤモヤがスッキリとしました。これで気持ち良く世に出して行けます!!EUのADCロゴも星になっていたりするので、信じていました。