エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
カールゲオルク・ヘーファー生誕百周年記念展
ドイツの書体デザイナー、カールゲオルク・ヘーファーについては前に この記事 で少し書きました。

オッフェンバッハ市にあるクリングシュポール博物館で、ヘーファー生誕百周年記念展をやっているので行ってきました。
e0175918_23543486.jpg

もちろんカリグラフィの展示が中心ですが、タペストリーもあります。
e0175918_23545782.jpg
e0175918_0221871.jpg

e0175918_0231428.jpg

e0175918_014259.jpg


でも、普通のカリグラフフィの展示には出てこないのが、ナンバープレートです。ドイツの現在のナンバープレート用書体は、偽造を難しくするための工夫が施されていますが、ヘーファーはそれをデザインしたことでも有名。
e0175918_022877.jpg


厚紙に青の絵の具で描いた試作も展示してあったのはびっくりしました。
e0175918_0283.jpg


それが開発される前の、DIN 書体を使用した時代にはナンバープレートの改変がいかにたやすかったかの比較展示もあって面白かった。たとえば「F-AP 188」から「E-AR 138」をつくるのはこんなに間単。
e0175918_025157.jpg

by type_director | 2014-05-04 16:54 | Comments(0)