エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
きょう2月9日の日本経済新聞に書体デザイン特集
きょう2月9日の日本経済新聞に、1ページの書体デザイン特集が載ってます。先日、取材を受けました。

日本経済新聞ってあまり読んだことがないので、アートやデザインについての記事が載るなんて知りませんでした。こんなにしっかり取材されるとは思わなかった。

私も、記事がどうなっているか、まだ読んでません。
日本のみなさん、チェックしてみてください。

追記:その後、この記事担当の記者さん始めいろんな人からスキャン画像をいただいて、読むことができました! 掲載紙も後で送られてくるそうです!
by type_director | 2012-02-09 06:15 | お知らせ | Comments(7)
Commented by 竹林 at 2012-02-09 21:17 x
これまでGaramondはイタリア、Bodoniがフランスだと思っていました。ですので、記事を読んで、ちょっと意外な感じがしました。Futuraがドイツというのは納得です。代表的な書体に、各国の文化性が象徴されるというのはおもしろいです。ちなみに、以前所属していたデザイン事務所では、困ったときはOnyxを使え、と言われていました。あの書体は、どこの国だったのでしょうね。
Commented by type_director at 2012-02-10 02:29
竹林さん、「国家的書体」みたいなのがあると勘違いしていた人、けっこう多いんですよ。この記事の取材を受けた時にも、そうじゃないんですよ、って話を繰り返ししたんですが、なんとなくニュアンスとしてはそんな感じが残っちゃったんでしょうか。

そういう人たちのために、このブログの2009年3月の記事「書体は特定の国の雰囲気を持ってるの?」シリーズを書いたわけです。ヨーロッパの国々での使用例をこうやって載せ続けるのも、変な思い込みがなくなるようにという願いです。

あのー、ちなみに「 Futura はドイツ」ってわけでもないので。もちろん、ドイツでもヨーロッパの他の国でもガンガン使われていますが、それは「ドイツらしさの演出」ではなく、たいてい「近代的な」とか「整然とした」感じがほしいときとかですね。

「困ったときには Caslon を使え」ってのは昔よく言われたことだったそうですが、Onyx ってのは初耳です!
Commented by 竹林 at 2012-02-10 04:48 x
コメントありがとうございます。とんでもない誤解をしていたようです。過去のブログシリーズ、拝読してよくわかりました。ヨーロッパのことを知らないから、勝手な思い込みにはまっていたようです。教えていただいてありがとうございます。Onyxは、所属していたデザイン事務所のテイストを表現する書体で「うちらしいデザインをアピールしたいなら、とりあえずOnyxを使っておけ」といった意味でした。今から考えると、ちょっと変な話ですね。
Commented by れんざえもん at 2012-02-10 05:56 x
現在海外にいて(欧文書体勉強中です♪)記事を入手することができません・・・涙。
オンラインで見れるサイト等がもしあれば、是非教えて下さい。
Commented by type_director at 2012-02-12 01:41
れんざえもんさん、記者のかたからの連絡によれば、残念ながらネット版では見られないそうです!
Commented by Mie at 2012-02-13 21:24 x
新聞を開いて目に付いて、読んでいたらやっぱり小林さんでした!(笑)
「アルファベットは冗舌」、本当にそう思います!
ブランドロゴでもそれぞれのイメージがありますものね。
日経もけっこうアートな記事を載せています。
Commented by type_director at 2012-02-14 01:42
Mie さん、日経がアートについて書くなんてそれまで知りませんでした。アルファベットもそうですが、日本語も最近はいいのがありますよー。