エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
TypeCon レタリング観察ツアー 2日目
2日目、7月18日はアトランタ中心部から近いオークランド墓地をグラフィックデザイナーのアリソンさんの案内でまわる「墓地のレタリング観察」。

朝7時半に現地集合ということで、土曜日だし電車の本数が少ないだろうと同僚のオトマーと私がホテルを出たのが朝6時15分。まだ夜が明けてない。
e0175918_063434.jpg


7時15分には墓地に到着。このオークランド墓地の目玉は「タイポグラフィのセクションがある」(!)でしたが、やはり朝早いのがきつかったのか、参加者は3人でした。
e0175918_075068.jpg


でも、お墓のレタリングは非常に興味深いものがあって、またアリソンさんの説明も丁寧で実によかった。これがその「タイポグラフィのセクション」です。1914年に建てられたお墓だそうで、当時と今とでは「タイポグラフィ」に対する概念が少し違っています。ここに眠っているのはアトランタのタイポグラフィ組合の人たち、主に新聞社などで働いた植字工たちで、小さい板状のがその人たちのお墓です。28基あるそうです。
e0175918_082569.jpg
e0175918_084988.jpg

by type_director | 2009-07-22 17:04 | 講演やコンファレンスの記録 | Comments(0)