エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
ルドルフ・コッホとツァップさんご夫妻とのつながり
今月初めに101歳のお誕生日をお迎えになったグドルン・ツァップ・フォン・ヘッセさんのお宅に、明るい黄色の花束を持ってお祝いの言葉を述べてきました。
e0175918_03461482.jpg
グドルンさんが、いつも通りいそいそと勧めてくださる美味しいお茶とケーキが楽しみです。

ドイツはこの日、二ヶ月ぶりくらいに晴れ渡って午後になっても氷点下、いつも以上にそのお茶が美味しい。グドルンさんがおっしゃるには「ダルムシュタットは、水が良いのよ」。ケーキは必ず二つ以上いただきます。今回うかがったのが1月18日、髙岡重蔵先生がご存命だったら98歳のお誕生日だったので、二つ目のケーキは重蔵先生のぶんと思って味わいました。

最近、ルドルフ・コッホ(Rudolf Koch、1876–1934)の本を古本でいろいろ買ってながめていて、わからないところがたくさんあったのでグドルンさんに質問してきました。

たとえば、この本『Das ABC Büchlein』(ABCの小冊子)のなかのこの字は書き文字の種類としては Sütterlinschrift なのか、それとも deutsche Schreibschrift なのか、とか。これは deutsche Schreibschrift で、グドルンさんが学校で習ったのはこれではない、などなどお話をしていただきました。
e0175918_01495453.jpg
コッホの本は、他にもこの切り絵の本がすばらしい。私の持っているのは1940年前後に発行されたものです。中身は同じ。本の表紙は出版年によって違って、私の知っているのはこの二種類があります。
e0175918_02152937.jpg

1915年前後に、コッホが自分の一家の生活の様子を切り絵にしたもので、4人の子供たち(兄パウルと3人の娘たち)の何気ない日常の一瞬が収められています。そして、日常の生活のページのところどころに、庭の風景が挟まれます。
e0175918_02245397.jpg
庭先や道ばたに普通に生えている、いわゆる「雑草」をコッホはこよなく愛し、それを木版画にまとめた本もあるくらい、コッホの雑草を見つめるまなざしは温かく、そしてコッホの手を通して切り絵になった雑草のたたずまいの美しさには、ため息が出ます。

コッホの本に出会って、それとエドワード・ジョンストンの本の二冊をお手本にカリグラフィを始めた、というのは、知り合う前のグドルンさんもヘルマン・ツァップさんも同じですが、お二人ともルドルフ・コッホさんに直接お目にかかったことはなかったそうです。コッホが1934年4月に亡くなったときは、1918年生まれのグドルンさん16歳、ヘルマンさんも15歳でした。

でも、その数年後、当時はまだ無名のヘルマン・ツァップさんはルドルフ・コッホの息子パウル・コッホの工房で働き始めます。当時、ヘルマンさんは市電の乗車券の料金を節約するために4キロメートル以上の道のりを歩いて工房に通ったそうです。しかし、パウル・コッホは、音符についての小冊子を1939年に出したところで兵役にとられてしまいます。

これはその冊子の第二版。1953年の出版です。
e0175918_01495321.jpg
e0175918_04514674.jpg
1953年のこの第二版には、「パウル・コッホは戦争から戻らなかった。彼の友人、フランクフルトのヘルマン・ツァップがこの第二版を彼のために出す。」と書かれています。

本文に使われているのはルドルフ・コッホの活字書体 Jessen で、音符や歌詞はヘルマン・ツァップさんが書いています。
e0175918_01495344.jpg

ルドルフ・コッホの切り絵の小さな本の中で、3人の妹たちが乗っかった小さな荷車を前のめりになってぐいと引っ張っている子供のパウルくんが、私の知っているパウル・コッホの姿です。そしてそのパウルくんは、ヘルマン・ツァップさんに大きな影響を与えたあと戦争にかり出されて1945年に亡くなってしまいました。

グドルンさんもヘルマンさんも、お話をうかがっていると戦争をとても悲惨なことと考えているのがわかります。こうしたつながりをたどってみて、戦争でどんなにたくさんの大きなものが失われたのか、呆然とするよりほかありません。








# by type_director | 2019-01-21 20:49 | Comments(0)
お菓子の箱を見て考えた
クリスマス時期のお菓子のひとつ、「ドミノシュタイン」つまりドミノ牌という名前のこのお菓子、英語では「ジンジャーブレッド」と書かれています。ジャムを挟んだチョコレートケーキをチョコレートで包んでいます。
e0175918_22022044.jpg
ここで使われているブラックレター書体は San Marco です。いわゆる「ラウンドゴシック体」で、日本でいう丸ゴシック体でなく、いくつかのブラックレター書体のうちアルプス山脈より南の地域で発展したブラックレターのスタイルです。左下のローマン体では Stempel Garamond のスモールキャップが使われています。大文字が下がっている理由は不明。デフォルトでは大文字の下の線もスモールキャップの線も同じ線にのっかるはずです。

この箱の絵は、130年代にニュルンベルクの城で絞首刑になるはずだった盗賊騎士が馬に乗って城のお堀を飛び越えて逃げ去ったという武勇伝(?)をモチーフにしています。ニュルンベルクの町の紋章が右上にあります。ドイツに住んでいると、どこに行ってもこういう町の紋章があちこちに掲げてあるので、紋章を見ただけで町の名前が出てくるようになります。それだけ、普段の生活のなかで紋章があちこちにちりばめられているわけです。







# by type_director | 2018-12-25 14:55 | Comments(0)
TypeTalks欧文分科会中級編第4期(基礎編受講生対象)

TypeTalks欧文分科会中級編第4期(基礎編受講生対象)のおしらせです。欧文組版の髙岡昌生さんのセミナー基礎編を受講された方を対象に、実践により近い形式で進める講座です。

詳細、申し込みは こちら






# by type_director | 2018-12-17 23:48 | お知らせ | Comments(0)
プレゼントはミニチュア広告塔
ドイツにも、ヨーロッパ各地にもそこら中にある広告塔。
e0175918_04514665.jpg
前にも この記事 で書きました。

きょう12月6日は、ドイツではサンタさんがやってくる日です。私の仕事場にも、朝8時からのミーティング中にサンタさんが来たらしく、自分のデスクに戻ったらプレゼントが置いてありました。今年も良い仕事ができたからサンタさんが来たのかな。

そのプレゼントは、今年のはドイツのクリスマス時期の焼き菓子レープクーヘンの入った広告塔のミニチュア缶でした。
e0175918_04512470.jpg
昨年から私がこれを集め始めたのを知っていたらしい。昨年の缶は右、きょうサンタさんがくれたのが左の2018年バージョンのミニチュア缶です。



# by type_director | 2018-12-06 20:44 | Comments(0)
青山ブックセンターでの TypeTalks で推薦した本
そして今回の出張での一般公開の講演ふたつめ。

11月17日、東京の青山ブックセンターで開かれた TypeTalks で登壇、おすすめ本を紹介してきました。

私が選んだ本と推薦のコメントを載せます。良い本はどんどん紹介しないと。

1.『手仕事の日本』柳宗悦著 岩波文庫

この本に出会ったとき、文章のわかりやすさに驚きました。基本的な民芸の精神が読んでいて頭にスッと入ってくる。民芸だけでなくデザイン全般に通ずる心構えの本です。

2.『街の公共サインを点検する:外国人にはどう見えるか』本田弘之・岩田一成・倉林秀男著 大修館書店

ちょっと笑えないレベルまできている、日本の中の外国語の公共サイン。その言語を話す外国人の目線で、おかしな点をビシビシ指摘していて気持ちいい。

3.『カリグラフィー・ブック』三戸美奈子著 誠文堂新光社

きれいな図版のおかげで、眺めているだけでちょっとうまくなったような気分になってしまう。もちろん、練習のお手本として書かれているんですが。

4.The Insects Project: Problems of Diacritic Design for Central European Languages

言語によって異なる特殊なアクセント記号。本来どこについているべきなのか、どんな形をしているべきなのか。その言語を普段使っている人たちからの提言をまとめたもの。

これはフランクフルトのブックフェアで紙媒体の本が展示されているのを見つけて、すぐ買おうと思ったのですが書籍の入手方法がわからず、調べたらなんとオンラインで全ページ見られますしダウンロード可です。こちら

e0175918_01295454.jpg

会場では、当日こんなふうに特設コーナーを設けていただきました。


# by type_director | 2018-11-25 22:53 | Comments(0)