エキサイトイズム エキサイト(シンプル版) | エキサイトイズム | サイトマップ
金属活字関係をいろいろ見学してきました

前回の記事は写植でしたが、今回は活字です。

1989年から90年にかけて私がロンドンで勉強していたころ、参考にしていた本は活版印刷のものが多かったと思います。

なので金属活字には愛着があって、イギリスでも鋳造の現場を見てきたことがあります。昔の写真を引っ張り出してきて、この記事 この記事 で書きました。

ドイツでも鋳込んでいるところがあって、この記事 でも書いてます。昨年6月にも行きました。

そして、ここ数日間で日本の金属活字関係も見てきました。「市谷の杜 本と活字館」では、「活字の種を作った人々」という企画展が開かれていて、金属活字の元になる種字(たねじ)や鋳込むときに使う母型(ぼけい)の実物が見られます。

金属活字関係をいろいろ見学してきました_e0175918_18364787.jpg

金属活字関係をいろいろ見学してきました_e0175918_18364713.jpg

そしてきょうは、10月に 本づくりハウスのイベント で見本帳だけ買っておいた 築地活字 にも行ってきました。京急の南太田駅から歩いて数分です。

金属活字関係をいろいろ見学してきました_e0175918_18364645.jpg
金属活字関係をいろいろ見学してきました_e0175918_18364609.jpg

中では活字を鋳込んでいるところを見せていただきました。社長の平工(ひらく)さんにうかがったところ、欧文活字で注文の多い書体が Piranesi で、その用途は印刷ではなく、レザークラフトで刻印するためだそうです。なるほど、この書体ならちょっと特別な感じが出るし、少し右に傾いたスクリプト体だけど活字ボディは垂直だから扱いやすそう。

母型を作ってもらうこともできるそうで、ということは、21世紀のいまでも金属活字を母型から作って鋳込むことが可能なわけです。ちょっと自分のオリジナル活字制作、考えてみようという気になりました。



# by type_director | 2024-02-13 18:28 | 金属活字 | Comments(0)
ゴナIN(インライン)が使われていた

集英社マンガアートヘリテージに行ってきました。

ゴナIN(インライン)が使われていた_e0175918_08073268.jpg
この ギャラリーでは、マンガ『One Piece』の1ページを活版印刷したものが展示されていて、奥のスペースでは版の実物が見られます。

ゴナIN(インライン)が使われていた_e0175918_08574041.jpeg
ゴナIN(インライン)が使われていた_e0175918_08073045.jpg

活字鋳造から印刷しているところまでの工程を短く収めたビデオも上映されていて、嘉瑞工房の高岡昌生氏の手元と横顔も映ります。これは活字を組み終わって最後に「セッテン」と呼ばれる薄い金属板を入れるところ。左手に持っている「ステッキ」から下に置いてある「ゲラ」に移動させるときに、活字の塊をステッキの最初に置いたセッテンと最後のセッテンの2枚で挟んで崩さずにずらすわけです。

ゴナIN(インライン)が使われていた_e0175918_08594752.jpg

そして、その印刷したページのフキダシに使われていたのが、ゴナのファミリーのひとつ、ゴナIN(インライン)です。写植書体です。私は1980年台に写研にいてこの書体の制作に関わっていました。連日残業をして(昭和の時代の話です)さんざん苦労したのを覚えている身としては、ここで使われているのを見てちょっと嬉しかった。これまで、使われているところをを見たことがほとんどなかったので。

これは、極太の角ゴシック体ゴナUをベースにして中に線を入れたものです。ゴナUという書体は、どんなに混み合った文字でも、太い線どうしをギリギリまで重ねることで文字をひとつの塊にして安定感のある文字になっていた。

ゴナINは、インラインの白い線があるので、これが一画一画のいわば「芯」の部分をハッキリさせてしまうのが難しい。それを「槍」の木ヘンの部分ではうまくバランスをとっています。外側の黒い輪郭の一画一画の中心を正直にインラインにしてしまうと木の左右の斜め線がずっと下がってしまうはずですが、「木」に見えるように、左右の斜め線の白いインライン部分はわざと中心を外して上の方にずらしている。

ゴナIN(インライン)が使われていた_e0175918_10253619.jpg

でもここにある「槍」の字の「倉」部分のような場合は、作業のときにいつも悩んだけれどそういう調整が無理です。なので、白いインライン部分だけを見ると「口」が右にずれて見える気がするなー。それでも、芯の曲線はしっかりと張りを保っているのは写研のクオリティです。「光」の最後のまげはねのところとか、カタカナの曲線とか。


太いゴシック体の「倉」の字って「口」の置き方が難しいです。できるだけ左右の中心に置きたい。

こんなふうになるとやっぱり落ち着かない。

ゴナIN(インライン)が使われていた_e0175918_08073189.jpeg




# by type_director | 2024-02-04 08:04 | Comments(0)
日本で見るブラックレター(2)
日本で見かけるブラックレターの続編です。
この記事に載せた写真はすべて東京で見つけたもの。
日本で見るブラックレター(2)_e0175918_19552116.jpg
日本で見るブラックレター(2)_e0175918_19511241.jpg
日本で見るブラックレター(2)_e0175918_19511153.jpg

日本で見るブラックレター(2)_e0175918_19511145.jpg
そして東京の日本橋三越で買い物したら、こういう札が入っていました。
日本で見るブラックレター(2)_e0175918_19511161.jpeg






# by type_director | 2024-01-30 19:49 | 公共サイン・標識など | Comments(0)
TypeTalks 第53回ゲストは鳥海修さん!『明朝体の教室』刊行記念 「書体設計士としての近況」
書体デザインに関わるいろんなテーマの話を10年以上にわたって続けている TypeTalks(タイプトークス)。これまで、海外からのゲストも含めてたくさんの人に登壇していただいています。

コロナ禍の時期は会場に大勢の人を集めることができない状況が続いていましたが、昨年から活動を活発化させようとしています。第53回は、鳥海修さんをお迎えします。

2月2日(金)夕方の開催になります。場所は、東京・青山にある青山ブックセンター。
詳細とお申し込みは こちら

トークスという名前からお分かりのとおり、登壇者の一方的な発表ではなく参加者と登壇者とのやりとりが気軽にできる会を目指しています。質問も大歓迎です。



# by type_director | 2024-01-08 08:13 | お知らせ | Comments(0)
日本で見るブラックレター
前に この記事 で、ドイツのクリスマス市の屋台に使われていたブラックレターを紹介しました。「昔ながらの」とか「伝統的な」を表現するときに使われることが多いみたいです。

日本でも見かける気がするので、ブラックレターを集めてみました。

これは福岡で。
日本で見るブラックレター_e0175918_08000714.jpg
日本で見るブラックレター_e0175918_08000781.jpg
日本で見るブラックレター_e0175918_08000713.jpg
東京で。
日本で見るブラックレター_e0175918_08000772.jpg
日本で見るブラックレター_e0175918_08000688.jpeg
日本で見るブラックレター_e0175918_08000776.jpg
日本で見るブラックレター_e0175918_08000750.jpg
日本で見るブラックレター_e0175918_08100812.jpg











# by type_director | 2023-12-25 07:56 | 公共サイン・標識など | Comments(0)