MUSIC [THEME REVIEW]

カテゴリ:NEW RELEASE( 39 )

東京スカパラダイスオーケストラ/BEST OF TOKYO SKA 1998-2007

音楽を続けることが生きることなんだ
東京スカパラダイスオーケストラ/BEST OF TOKYO SKA 1998-2007【NEW RELEASE】


東京スカパラダイスオーケストラ/BEST OF TOKYO SKA 1998-2007_b0080062_21131593.jpg

2007.3.21
¥3,150(税込)
カッティング・エッジ
CTCR-14528


レーベルを移籍して10年(デビューからは17年目)、その間の活動の集大成となるスカパラの記念ベスト・アルバムが登場です。彼らの活動は、いつくかの時代に分類されますが、ここ10年ほどの間にも、バンドメンバーなどの変化がありました。1年間という在籍期間ながら“スカパラのヴォーカル”という唯一の肩書きを背負ったモッズ界のカリスマ、杉村ルイの参加。その時分のシングル曲である「愛があるかい?」「Dear My Sister」ももちろん収録されています。さらに名ヴォーカリストたちを招いてコラボレーションした“歌モノシングル3部作”の第1弾・第2弾「美しく燃える森」「めくれたオレンジ」などの6曲を含む計26曲が、2枚組にコンパイルされています。うかつに書いてしまうのが、困難なほどの紆余曲折……いや人生の荒波を超えて、世界中へ向け精力的に活動し続けるスカパラというグループ。毎回、生み出されるサウンドの力強さとクオリティの高さには、とことん敬服ものです。何があろうとも音楽をやり続けることが生きることなんだという彼らの思いも改めて感じさせた作品でした。

buy now
by switch-theme | 2007-03-05 21:13 | NEW RELEASE

Electric Light Orchestra/Out Of The Blue: 30th Anniversary Edition

クラシカルでドミトリーでスペイシーな始まり
Electric Light Orchestra/Out Of The Blue: 30th Anniversary Edition【NEW RELEASE】


Electric Light Orchestra/Out Of The Blue: 30th Anniversary Edition_b0080062_149837.jpg

2007.2.20
¥1,924(税込)
Legacy
88697053232


さて、プログレやヘヴィー・メタルのサウンドの多くは、クラシックから影響を受け作り上げられたことは有名だが、クラシックと思いっ切りぶつけ、1+1=2な融合させたのが、エレクトリック・ライト・オーケストラです。1971年にデビューしたこのイギリスのバンドは、ポップスのバンド部隊にストリング所帯を構えていた(後解雇、変わりにシンセサイザー部隊登場+本物のオーケストラが随時参加。エレクトロニカ・サウンドまで取り入れていった)。そんな彼らが1976年にリリースした本作は、ジェフ・リンのソング・ライティングがピークに達したといわれている作品。今年はリリース30周年記念なんです。というわけで、記念特別盤が登場しました。ともかくクラシカルを残しつつ、最新音源を使い、今では当たり前になった多重録音などの技術を、目を当てられないほどのポップでコーティング……と、そして生み出したドミトリー+スペイシーなサウンドは、クィーンなどへ系譜されていき、多くのアーティストのサウンドへ影響を及ぼしました。そして30年経った今でも“こんなバンドを再度やったら、楽しいだろうね。現代的にフル・オーケストラと最新シンセ各種取り揃えで”などと思わせる魅力たっぷりな作品なのです。

buy now
by switch-theme | 2007-02-23 14:09 | NEW RELEASE

Mum/ザ・ピール・セッション

壮大なアイスランドの美しさのような……
Mum/ザ・ピール・セッション【NEW RELEASE】


Mum/ザ・ピール・セッション_b0080062_1243691.jpg

2006.12.09
¥1,295(税込)
Fat Cat/Hostess
CDFAT057J


エレクトロなビートに、メロディカ、グロッケンシュピール、アコーディオン、キーボード、トランペット、バイオリン、のこぎり、オルガン、チャイニーズハープなどにより、実験的サウンドを奏でるアイスランド出身のムーム。同郷であることもあり、ビョークとも交流が深いという彼らだが、大変頷ける。しかしこんな音楽を聴かせられると、アイスランドという国の音楽環境が、ものすごく羨ましくなる。クリスティンのどこまでもどこまでも甘い吐息のような歌声、無機質な金属リズム、何音が鳴っているのか、時折理解できなるほど多彩な音の数々。それは、国土の10%も氷河に覆われており、オーロラも観測できながら、比較的暖かく温泉地でも有名な、あの国独自の文化からきているように思う。妖精も北欧から生まれたし、空気はどこまでも澄み白く輝いているようで、冬に対する悲壮感を感じさせない(本当はあるんだろうけど)。今作は、そんな彼らの2002年10月3日にBBC RADIOの伝説的番組「Peel Session」で録音されたライブ盤。もうとてつもなく壮大過ぎて、うっかり淡い幻想に、引きずりこまれてしまいそう。ウィスパー・ヴォイス+多音色好きのみなさま、このサウンドに浸ってみてください。ハマります。

buy now
by switch-theme | 2007-02-05 12:43 | NEW RELEASE

Original Soundtrack/「マリー・アントワネット」オリジナル・サウンドトラック

今もっとも話題の“女”を彩るディープな面々
Original Soundtrack/「マリー・アントワネット」オリジナル・サウンドトラック【NEW RELEASE】


Original Soundtrack/「マリー・アントワネット」オリジナル・サウンドトラック_b0080062_10394783.jpg

2006.12.13
¥3,200(税込)
ヴァーヴ・フォーキャスト
UCCB-1024


この冬もっとも話題になっている映画のひとつ『マリー・アントワネット』。『ロスト・イン・フラストレーション』で、一躍注目の監督となったソフィア・コッポラが、ここ日本でも最も有名な海外の王女であるマリー・アントワネットの人生を、女性ならではの目で綴った本作。14歳でオーストリアからフランスに嫁ぎ、18歳で王女へ、そして38歳でフランス革命により、断頭台のつゆとなった彼女は、時折、国民の税金をむしり取り、贅の限りを費やしてフランスを破綻させた悪女……と描かれることが多ですが、その行動を女性の目で見た場合、彼女はとても淋しがりやで、甘ったれで、純粋だった気がする。ただ先代のルイ14世が晩年行った男、いや、恥知らずなオッサンによるベルサイユ宮殿の乱れた秩序(実際酷かったらしい)に振り回された、若い世間知らずな娘なだけではないかと?そんな疑問をこの映画は、晴らしてくれた。さて本作は、ベルサイユ宮殿でのロケによる本物のロココ世界と、それを彩るサウンドの監督のセンスがすごい!80年代のニュー・ウェイヴやポップスが中心で、ザ・キュアー、スージー&ザ・バンシーズ、ストロークス、ニュー・オーダー、ギャング・オブ・フォー、アダム&ジ・アンツ、エイフェックス・ツイン、エール、スクエアプッシャーらの楽曲に、オリジナル・スコアも取り混ぜ演出。マリーの孤独を映し出すディープなサウンド陣。それが、昔の世界の問題がとてもリアルに現代的に浮き彫りになって共感が持てる。それにしても名曲ばかりをうまく使いこなしたのもです!

buy now
by switch-theme | 2007-01-25 10:39 | NEW RELEASE

Gwen Stefani/The Sweet Escape

ブッチギリの時代のアイコンは見ているだけでドキドキ
Gwen Stefani/The Sweet Escape【NEW RELEASE】


Gwen Stefani/The Sweet Escape_b0080062_11303175.jpg

2006.12.01
¥2,405(税込)
Interscope
1717389


私達をおいていかないで!と、すがりつきたくなるようなグウェン・ステファニー姉さんの2ndソロ作が登場ッス。ノー・ダウトの紅1点ヴォーカリストである姉さんがソロを発表したのは、約2年前。ネリー・フーパー、ファレル・ウィリアムズ、 アンドレ3000(アウトキャスト)、ドクター・ドレー、ダラス・オースティン、ジャム&ルイス、 マーティン・ゴア(デペッシュ・モード)、ニュー・オーダーらとのコレボレーションで作り上げ、大ヒットを記録した前作だけど、さらに今作はそれを上回る豪華な顔ぶれ。ファレルを中心に、エイコン、キーンのティム・ライス・オクスリー、そしてノーダウトのニー・カナルなどの作家陣が参加して、どこまでも先に行くサウンドを作り上げてます。斬新且つドラマチックな飛び道具満載の音作り、そしてあのお姿。アイコンでありカリスマで彼女は、ポップでありながら、その存在はロック・スター。ショービズと自己表現を両てんびんにかけ、どこまでもトンガリ続けてます!ええ、音楽でも、ファッションでも、生き方でも、何だっていいんですよ!私達は、必至でどこまでも着いていくしかないんです。その先に何が待っているのか?もうドキドキなのです。なお、ボーナス・エンハンスト映像1曲を収録した日本盤は1月31日(水)発売です。

buy now
by switch-theme | 2007-01-12 11:30 | NEW RELEASE

Marcia Griffiths/Play Me Sweet And Nice

心の底から暖かい“南の愛”
Marcia Griffiths/Play Me Sweet And Nice【NEW RELEASE】


Marcia Griffiths/Play Me Sweet And Nice_b0080062_1513853.jpg

2006.11.9
¥1,775(税込)
Trojan
TJACD335


寒い国より暖かい国の方が愛についてストレート。ラバーズ・レゲエなんてジャンルがあるくらいですから。今作は、ボブ&マーシャやアイ・スリー、そして現在まで常にシーンの最前線で活躍し続けるジャマイカの国民的シンガー、マーシャ・グリフィスが1974年に発表したソロ・デビュー・アルバム。なんと初CD化されました。彼女は1960年代に、当時の恋人だったボブ・アンディと共にボブ&マーシャとしてニーナ・シモンのカヴァー「To Be Young, Gifted And Black」をレコーディングしたりして、なぜかイギリスのスキンヘッズから絶大な支持を得る。そこにイデオロギーは無かったはずなのに……。その後、このソロ作をリリースしながら、リタ・マーリィ、ジュディ・モワットらと共に、ボブ・マーリィのバック・コーラス隊“アイ・スリー”に参加。ボブの死後はソロ専念して、アメリカでもヒット曲を飛ばし、現在も現役バリバリのシンガー。そのサウンドは、一貫して“女”を感じさせる独自の色気がある。それも暖かさを感じにずにはいられないような。この季節、彼女の“南の愛”を感じて、心の底から暖かくなってみてください。

buy now
by switch-theme | 2007-01-05 15:02 | NEW RELEASE

Skoop On Somebody/Singles 2002~2006

狂おしいほどの切なさや愛おしさを差し上げマス
Skoop On Somebody/Singles 2002~2006【NEW RELEASE】


Skoop On Somebody/Singles 2002~2006_b0080062_11263699.jpg

2006.12.13
¥3,059(税込)
SMEレコード
SECL-463


ヴォーカル・グループはあっても、楽器を演奏するような男性R&Bグループって日本では、あまり定着されていない気がする。SING LIKE TALKINGがそのパイオニア的存在かな?それでも1990年代に入ってからだ。このSkoop On Somebody(当時のユニット名はSKOOP)のデビューも1997年。日本の音楽界にR&Bブームが沸き起こってきたころ。そもそもR&Bという音楽は、スィート・ソングが主流。だからあま~いヴォーカルはキモでしょう。その点、このヴォーカリスト、TAKEの歌声はファっとした軽やかさを元に、時折狂おしいほどの切なさや愛おしさを表現できる数少ないアーティスト。その歌声を最大限に活かせるサウンドをこのメンバーで作りあげているんですよね。そして今作は、2002年~06年にリリースされた全シングルに新曲1曲を収録したベスト盤です。和製R&Bの代表として、R&Bやソウルへのリスペクト感もたっぷりで作り上げた渾身の15曲。その“甘さ”に溺れてみてください。

buy now
by switch-theme | 2006-12-29 11:26 | NEW RELEASE

New Ridaz/New Ridaz

絶品メロウなラヴリー・トラックのオンパレード
New Ridaz/New Ridaz【NEW RELEASE】


New Ridaz/New Ridaz_b0080062_18444679.jpg

2006.11.11
¥2,405(税込)
Upstairs
URCD1033


NB Ridaz改めNew Ridazの聴き逃し厳禁アルバム!今作において最大の注目は、これまでゲストとして重要作に参加していたAngelina嬢がほぼ正式加入し、全編に渡ってキュート&セックシーな華を添えていること。アルバム全編を彩るのは鮮やかなラヴ・ソングの数々。メロウなファルセット・ヴォイスを駆使してR&Bシーンにいくつもの美メロ金字塔を打ち立てたIsley Brothersネタ(6)をはじめ、美メロ大王Babyfaceネタまで、絶品メロウなラヴリー・トラックのオンパレードです!“メロディの復権”が騒がれている昨今のR&Bシーンですが、過去現在を問わずR&Bファンどツボのネタ使いと歌心に溢れた聴き易いラップとヴォーカルにトロけること間違いなしです!ホットなラヴァーズにもこれからラヴをゲットしようとしているシングルにも、そして純粋にラヴ・ソングを楽しもうとしているミュージック・ラヴァーズにもぜひ聴いて貰いたい1枚です。

buy now
by switch-theme | 2006-12-19 18:45 | NEW RELEASE

Peter Bjorn/ライターズブロック

いま最も注目の“口笛ソング”ついにリリース!
Peter Bjorn/ライターズブロック 【NEW RELEASE】


Peter Bjorn/ライターズブロック_b0080062_1346668.jpg

2006.12.13
¥2,520(税込)
V2レコーズ
V2CP-312


北欧の清涼の様な口笛が印象的なシングル曲「Young Folks」に代表されるスウェーデン出身の男性、バンド名の通りピーター、ビヨーン、ジョンの3人によるギター・ポップ・トリオだ。そのシングル曲を含んだ3rdアルバムが発売になる。日本ではこのアルバムがデビュー盤。前作の2作、2002年にリリースされた1stアルバムが、本国を始めイギリスのインディ界で好評価を受け、続く2004年に2ndアルバムをリリース。この中のシングル「It Beats Me Every Time」がヒットを記録して、翌年にはアメリカでもCDがリリースされるという、スウェーデン・ポップスの新旗手として大注目の彼らである。そんな中、日本でも先述のシングル曲が、ラジオでのオンエアをきっかけに問合せが殺到。あまりの反響にレコード会社が急遽日本語公式サイトを立ち上げたというから、そのパワーたるや凄まじい。さて、そのサウンドはというと甘酸っぱいメロディと極めてフォーキーなギター・サウンド、そしてベーシックなブレイクビーツが小気味良く合わっている。うーん、ちょっとサイモン&ガーファンクルやビートルズを思い起こさせるギターだなと思いつつ、独特のピンと張り詰めながらの乾いたサウンド感はやはり北欧。冬が清々しく過ごせそうな本格派スウェディッシュ・ポップなのです。

buy now
by switch-theme | 2006-12-11 13:46 | NEW RELEASE

Austine/ウー・ラ・ラ・ラ

フランス語の優しい響きによる陽だまりや夕暮れの風景
Austine/ウー・ラ・ラ・ラ(フランス) 【NEW RELEASE】


Austine/ウー・ラ・ラ・ラ_b0080062_11545388.jpg

2006.11.25
¥2,500(税込)
Rip Curl Recordings
RCIP-102


何でも海外の言語を日常会話まで理解するには、その言語の持つ音の響きが、その人にとって心地よいかということに多く影響されるらしい。自ら意識していなくとも、そもそも不快な音と認識されていると、耳から受けた“音”を無意識に脳が拒否するんだとか……。で、色々な人に聞いてみたところ、やはり人によって好きな言語の音があり、さらにその国に対して、好印象を持ってることが多かった。さて、私の場合もっともお気に入りの音の響きを持つのが“フランス語”。独特の柔らかさと誰が発しても、つぶやくように聴こえる。この国の言葉は、オーガニックが楽器に良く合います。だからロック・バンドがなかなか現れないのも良く分かるというか。で、このオースティンは、フランスを代表するシンガー・ソングライター。キュートとかフェミニンとかフレンチ・ポップを語る上で欠かせない形容詞は彼女のサウンドにもちろんピッタリですが、それ以上にアコーステック・ギターをベースにしたフォーキーでシンプルなサウンドの上に、陽だまりや夕暮れ……そんな移り変わる日常の風景がフランス語の優しい響きにより、伝わってきます。シンプルな中に感じさせる確かさと、ヨーロッパの大国のアーティストらしい安定感も感じさせながら、美しさを忘れない。そうこれが、正統派フレンチ・ポップスなのです。

buy now
by switch-theme | 2006-12-04 11:55 | NEW RELEASE




ページの上へ