劇場紙風船 TEXT+PHOTO by 河内山シモオヌ

<   2006年 09月 ( 1 )   > この月の画像一覧

パブリシティ相似形

b0080239_11432145.jpg


b0080239_11433657.jpg


b0080239_4151159.jpg

3つ揃ったら出したいと思っていて、やっと念願かなった。
チラシをなくさないように取っておいたぐらいの労力しか使っていないが、ある意味、数年間温めてきた企画だ。

ただ一人かぶっているベン・アフレック。皆さん間違えないようにという配慮なのか、軍事アクション(左)とサスペンス(右)では、眉間のしわの深さに変化をつけている。製作年はどちらも2002年なので、左右の間に年月の差はあまりない。
右側の人物の眼鏡は、完璧にアダとなってしまった。


舞台の場合 
b0080239_5423832.jpg

プロデューサーズ 2005.7.6-24 東京厚生年金会館(左) 公演パンフレットより
アルトゥロ・ウイの興隆 2005.6.22-30 新国立劇場中劇場(右) 公演チラシより

左はブロードウェイのエンタテイメント、右はドイツの劇団ベルリーナ・アンサンブルの舞台。観客層はクロスしなくても、人間の考えることは似ているのかもしれない。

「私が撃たなくても、他の誰かが撃つ。だから人間は銃を手放さない。
人間とはそういうものだ。」byアルトゥロ・ウイ

by kouchiyama-simone | 2006-09-30 12:24




ページの上へ