ペーパーバックの数が増えていく TEXT+PHOTO by 片岡義男

18 ケンジーロという名のサムラーイ

18 ケンジーロという名のサムラーイ_b0071709_13283234.jpg 『ケンジロー』という題名の小説がワーナー・ブックスからペーパーバックで出た。一九八六年のことだ。英語で書かれた小説の題名に、日本人の名が使われている例は、さほど多くない。僕が知っている例には、タカクワ・ゲンゴ、タカハシ、ハックルベリー・ハシモト、くらいしかない。ずっと以前に『オンリー・アキコ』という小説を読んだ記憶がある。このアキコも含めて、わずかに四人だ。そしてそこにケンジローが加わる。健二郎だろうか、それとも謙次郎、というような書きかたをするのだろうか。ジローには次郎と二郎のふたとおりしかない。ケンは権、憲、堅、賢、謙など、何とおりかある。どれであっても音声になるとケンジローだが、サムライがサムラーイとなるのとおなじように、ケンジローはケンジーロとなると思っていいだろう。
 表紙絵のなかにいる男性が、帝国日本の侍であるケンジローだ。その彼がうしろから抱き寄せているのは、彼が愛したイギリス女性、エリノア・ミルズだそうだ。十九世紀の中国を舞台にした『ジェイド』という小説がベスト・セラーになったパット・バーの第二作は『ケンジロー』といい、「十九世紀の日本を描いた小説」と、副題がつけてある。
 物語は一八六二年のヨコハマから始まっている。薩摩、長州、幕府、朝廷、攘夷、といった時代だ。次の年の七月には、薩摩藩がイギリスの艦隊を相手に、鹿児島湾で戦争を始めている。五百ページだからさほど大部な作品とも言えない。イギリス女性エリノアが、恋人となるケンジローという男性に、西欧のそれとはいかに異なったセクシュアリティを発見するか。それだけを追うのも、ひとつの読みかただと僕は思う。
by yoshio-kataoka | 2006-06-30 15:25





Profile
ページの上へ