ビーチサンダル・クロニクルズ TEXT+PHOTO by 今井栄一

050【ソルトスプリング島、水上飛行機、Wisteriaの朝食】

050【ソルトスプリング島、水上飛行機、Wisteriaの朝食】_b0071712_4493394.jpg

 先週はホノルルに、一昨日までバンクーバーに、そして今はソルトスプリング島へやって来ている。
 今、金曜日の朝。
 「Wisteria」というB&Bに泊まっていて、オーナーのベヴァリーが作る滋味なる朝食が9時きっかりにサーブされるため、早起きして準備を整えている。「できたて」にこだわるベヴァリーは、宿泊客の朝食の遅刻を許さないのだ。
 ニューヨークのフォーシーズンズ・ホテルでパティシエとして働いていたこともあるベヴァリーの朝ご飯は、この宿のハイライトでもある。僕の部屋はコテージルームでキッチンつきだから、安くすませたければ自分で朝食を作って食べればいい。でも、ベヴァリー手作りの朝ご飯を食べないわけにはいかない。とにかく美味しいし、美しいのだ。そして、滞在中毎日メニューが違うのが嬉しいし、驚いてしまう。
 それでなくても、この島の朝の空気と景色は素晴らしいから、早起きして辺りをのんびり散策しないわけにはいかないし、そうやって早起きしていると、ふだんは食べない朝ご飯をしっかり食べたくなってくる。
050【ソルトスプリング島、水上飛行機、Wisteriaの朝食】_b0071712_455586.jpg

 サマータイム、緯度が高いこの辺りでは日に日にサンセットの時間が遅くなっていて、昨日も10時過ぎまで明るかったし、トワイライト・タイムは10時半過ぎまで続くだろうか。だから、夜の時間を屋外で過ごすのが楽しい。このアフターファイブの楽しさは日本には決してないものだ。日本はどちらかというと赤道に近い国であって、日没はあっという間。太陽はすとんとあっけなく沈んでしまう。北海道ならサマータイムも可能かもしれないけれど東京や大阪でサマータイムは物理的に不可能というか、難しいだろうと思う。
 この辺りは北緯49度だから、アフターファイブが何時間もあるという感じ。緯度が高いから太陽がなかなか沈まないのだ。いつまでも、いつまでも、名残惜しそうに太陽は空にいる。午後8時、9時といった時間にカフェやバーの外のテーブルにいるのが心地いい。となると、まるでスペイン人のように夕食が始まるのがさらに遅い時間になり、就寝時間がどんどん後ろにずれ込んでいく。でも、朝は朝でこうして早起きして過ごしたいわけだから、旅行者は寝不足気味になる。
 もちろん僕は取材で訪れているわけだから、寝不足になっても文句は言えない。
050【ソルトスプリング島、水上飛行機、Wisteriaの朝食】_b0071712_4503725.jpg

 今朝は、にぎやかな鳥たちの声で目覚めた。
 コテージの玄関脇の窓が網戸になったままで(閉めるのをすっかり忘れていた。朝、ひんやりした風が流れ込んできていた)、その窓のすぐ向こうは林だから、早起きの鳥たちの声がにぎやかに入ってくる。目覚ましが鳴る前に、その声で目覚めたのだ。鳥の囀りで目覚めたなんて書くと、なんて優雅なんだろうと自分でも恥ずかしくなってしまう。でも本当にそんな感じだった。たった今、空を、つがいの大きな鴨が飛んでいった。大声で啼きながら。
 鳥に継いで早起きなのは猫たちだ。
 この宿には6匹の猫と、2匹の犬がいる。これを書いている今も、窓の外の草の上を、次々と猫たちが歩いていく。草を食べ、お気に入りの場所でトイレをすませ、追いかけっこをして・・・。僕の部屋も彼らの通り道の途中で、玄関を開け放しておくとするすると入ってきてベッド・サイドの窓辺に乗って裏の家の庭を眺めていたりする。
 空を飛ぶ飛行機の音が聞こえた。そろそろ、タクシー代わりの水上飛行機が飛び始める時間だ。時計を見ると、6時半。
 島の朝は早い。
050【ソルトスプリング島、水上飛行機、Wisteriaの朝食】_b0071712_452113.jpg

 今回僕は水上飛行機でこの島へ来た。
 ソルトスプリング島へやって来るのはこれで3度目だけれど、前回、前々回とも、フェリーでやって来たから水上飛行機で来るのは初めて。フェリーの方が安いし、車ごと乗れるから荷物をずっと乗せたままでよく、それはとても便利ではあるけれど、移動の時間は余計にかかる。もちろん、その時間のかかるところがいいのだ。のんびり船旅で島に到着するのは、それはそれで楽しい。運が良ければ船の上からオルカを見ることもある(2年前の秋の旅で僕と友人の写真家は親子のオルカを船上から見た)。
 水上飛行機の良いところは何と言っても時間がかからないこと。そして、空からの眺めが楽しいこと。カナダ西海岸はフィヨルドの海岸線が続く、アーキペラーゴ=多島海の海辺だ。小さな島々が散らばる北の海を眺めながらの飛行は、実に楽しかった。
 今回僕が利用したのは、ソルトスプリング・エアという小さな会社の水上飛行機。乗客は5人まで。操縦席の隣に座ることもできる。もちろん荷物チェックなんてないし、液体物だって持ち込み自由。その代わり、ラッゲイジのスペースが小さいから(何しろ飛行機そのものが小さいのだ)、大きな荷物を持って乗ることはできない。
 僕は島への出発の前日、オフィスへ電話して水上飛行機の乗り場を確認した。初めてだったから慎重になっていたのだ。電話に出た女性は明るい声で、「タクシーで港のウエスティン・ホテルへ来たら、そのままホテルの隣のザ・リフトという名のレストランの方へ回ってもらって。降りたら目の前がハーバーだから、そこが乗り場よ」と言った。その口調は「わざわざ前日にコンファームの電話をしてくるなんて、びっくり!」という感じだった。
 翌朝、心配性の僕は少し早めにタクシーをつかまえて、彼女から教えられた通りに「ザ・リフト」というレストラン横までタクシーで行った。荷物を持って車を降りると、そこは確かにハーバーでたくさんの船が横付けされていた。でも、いったいどこから飛行機に乗るというのか。見えるのは船ばかりだし、水上飛行機が機体を寄せるような場所が見あたらない。
 僕はやっぱり心配になってまたオフィスへ電話してしまった。
 「Don’t worry, you’re at RIGHT place! そこでいいのよ。時間になったら(飛行機が)来るし、来たら操縦士が上がってくるから、その港の上の歩道のところ、ゲイトのところで待っていてくれる」と、(昨日と同じ人だと思う)彼女が言った。
 素晴らしい天気の朝。僕は太陽を浴びる港のベンチに腰を下ろして島から飛んでくる飛行機を待った。
 11時38分発。
 その飛行機が現れたのは11時30分を回ってから。
 想像していたよりずっと小さな水上飛行機が港の外の、ハーバーから少し離れた水面にタッチダウンすると、のろのろと水上をすべって近づいてくる。飛行機はヨットや船が係留されている港の隅の方にやって来ると、そこにちょこんと横付けされた。横付けしながらパイロットはさらっと降りてロープで機体を舫い、エンジンが停まる。そこまで何かも彼ひとりでやっている。それが、美しい流れるような動作だった。毎日、毎日やっているからだろう、ヤンキースのデレク・ジーターのボールさばきのような、バルセロナのロナウジーニョの足さばきのような、そんな優雅さがある。
 僕は水面からちょっとだけステップを上がったところにある遊歩道に立ってそれを見ていた。3人ほど、どうやら同じ便の乗客らしい人たちが(気がつけば)周りにいる。
 やがてパイロットはのんびり上に上がってきて、僕らを眺め渡すようにし、「みんないるみたいだね」という感じで無言で笑顔を見せると、「君がエレンだね? とすると君が・・・」という感じで乗客(僕を含め3人)の名前を確認、でも特に身分証明書も何もチェックせず、僕らを機体の方へうながした。
 気がつけば、僕らはみんな小さな機体の中。
 あっという間。成田空港から乗る飛行機もこれくらいシンプルで簡単、あっという間ならいいなと思う。バス停でバスに乗るような感じで島便の水上飛行機に乗るわけだ。星野道夫さんの本にも、アラスカの原野を飛ぶ軽飛行機や水上飛行機の話が出てくるけど、アラスカやカナダでは、このタイプの小さな飛行機はタクシーであり、バスであり、自家用車と同じなのだ。気軽、かつ、簡単な乗り物。バンクーバーからソルトスプリング島へ行くこの水上飛行機もまた、気軽な毎日の「空のバス」というわけだ。
 それにしても、なんて小さな飛行機なんだろう!
 リチャード・バックの小説に出てきそうな感じ。もちろん僕はうきうきした気分になっている。
 「後ろに救命道具があるからね」
 パイロットはそれだけ言うと、すぐにエンジンをかけて、するすると飛行機は水面を動き出した。操縦席の隣に座った青年は、動き出してからパイロットに促されてもそもそと座席ベルトをつけていた。
 のろのろしたモーターボートのように飛行機は港の中を進み、やがて広い場所へ出るとエンジンのうなりを高めて滑り出し、あっという間に上空へ。
 ここまで何もかもがあっという間。飛行機がちゃんと来るかな、この場所でいいのかな、とちょっぴり心配していた僕の気持ちを笑い飛ばすみたいに何もかもあっという間だった。
050【ソルトスプリング島、水上飛行機、Wisteriaの朝食】_b0071712_4524045.jpg

 すぐにバンクーバーのダウンタウンは僕らの背景となり、新緑に輝くスタンレーパークを左手下方に見送りながら、機体はバンクーバー・シティとバンクーバー島との間の海峡の上へ移動していった。エンジンの響きも、プロペラの音も、何もかもが心地いいことのひとつひとつだ。僕以外の乗客にとってはこれは「バスに乗っている」程度のふつうのことなのだろうけれど、僕にとってはこれはちょっとした「特別な旅」だ。
 ソルトスプリング島までおよそ30分。フェリーだと2時間半。どちらも楽しいけれど、水上飛行機は悪くない。好きな島へ、どうせなら早く着きたいとやはり思うからだ。そして、この美しい空からの眺め。島から島へ飛んでいく魔法使いの姿が目に浮かぶ。アシュラ・K・ル=グィンの『ゲド戦記』の舞台のような、多島海の空の上。
050【ソルトスプリング島、水上飛行機、Wisteriaの朝食】_b0071712_4531816.jpg


<今回の旅のヘヴィ・ローテ>
『BABEL』ORIGINAL SOUNDTRACK
『LOVER ALBUM』クラムボン
『THE BENDS』RADIOHEAD
『JAGGED LITTLE PILL ACOUSTIC』ALANIS MORISSETTE
『HYMNS OF THE 49TH PARALLEL』K.D. LANG

050【ソルトスプリング島、水上飛行機、Wisteriaの朝食】_b0071712_1753840.jpg

by imai-eiichi | 2007-05-22 05:02




ページの上へ