book

Feature of the month '07.Jan

絶対断固、映像化不可能な「漫画」

Feature of the month \'07.Jan_b0071699_1834854.jpg『SPA!』誌の調べによれば、「恋するあなたが気になる彼に会う時は?」という質問に対して、二百人中実に百四十八人もの女性から最も多く寄せられた回答は「口ひげを剃る」なんだそう。男性性の象徴である口ひげが、女性のカラダにも共有されている……いや、そもそも男性の中には女性ホルモンもY染色体も入り込んでいるわけで、男性だってある程度は女性で、女性だって男性で……。そんなもやもやした気持ちで金田一蓮十郎の漫画『ニコイチ』(「ヤングガンガン」連載中)を読むと、さらなる混乱が生じることは間違いない。
 主人公は、昼間は会社でサラリーマン姿をしている二十九歳の須田真琴。一歩会社を出ると、誰もが振り返るモデル体系の“美人”へと変身し、家では血の繋がらない一人息子・崇のママとして、完璧な女装ライフを送っていた。しかし、ある事件をきっかけに、OLの菜摘と「女友達」に。自分は男であるとカミングアウトできぬまま友情は深まり、「友達以上恋人未満」へと感情は高まり、やがて二人は一線を越える!?
 ペンネームは男の名前の、若手女流作家によって描かれた“性別転換もの”の最新型だ。男が女に変身し、別の女と同性愛カップルになってしまうけれど、でも男は男として彼女と付き合いたいと思っている。なんて現実ではありえないような設定を、できるだけリアルに、ファンタジー抜きで転がしてみたら、見たことないラブコメに変貌してしまった。面白いのは、女友達との仲が深まるうちに、男の自分が女の自分にツッコミを入れる場面が激減し、モノローグさえ女言葉になっていくこと。今が良ければそれでいい、場当たり的な行動は、男としての立場をますます隅に追いやっていく。
『ニコイチ』には、漫画でしか表現できない面白さがつまっている。ビジュアルを読者の想像力にゆだねてしまう小説では「絵」の面白さがまったく再現できないし、映像化するには、女のような男を演じる俳優のキャスティングが難しい。強いていえばアニメ化は可能かもしれないが、もしも律儀に一人の女性声優が男女両方のキャラを演じた場合、視聴者は猛烈な違和感に襲われるだろう。声に刻まれた性別の質は、見た目のそれよりも決定的であることを、経験上誰もが知っているからだ。どんなに見た目は女らしくても、声を出した途端に、ニューハーフは男になるように……。
 と、ここまで考えてきて、この作品が吐いている最大の嘘は「声」であることが判明した。漫画には音がない、というディスアドバンテージをアドバンテージに変えることで、『ニコイチ』はラブコメの可能性を更新したのだ。こんな恋愛関係、ここでしか味わえない。フィクションよりも現実のほうが面白いなんてざれごとは、この漫画を読めば二度と言えなくなる。そしてもろもろ面倒臭い目にあっている主人公の彼の姿を見ると、変身願望を満たすより今の自分の性を受け入れる気持ちが高まることも、確かなのです。(吉田大助)

『ニコイチ』(既刊2巻) 金田一蓮十郎 SQUARE ENIX ¥505(税別)

by switch-book | 2007-01-19 00:05




ページの上へ