SUPER BEAVER official blog
日常の混沌をかき鳴らす平均年齢弱冠二十歳のエモーショナルヒューマンロックバンド、SUPER BEAVER。
2004年10月結成。2007年3月に下北沢CLUB251にてワンマンを敢行。まだ、正式な音源の発売もない中、見事チケットをソールドアウトさせる。2007年12月に待望の初音源となる1st.ミニアルバム「日常」をリリースし、レコ発として2008年2月に下北沢CLUB251でワンマンを敢行。前回のワンマンを上回る300人以上の動員を記録し、大盛況のうちに終える。2008年8月6日に待望のSg.「リセット」をタワーレコード、タハラ限定にてリリース。タワーレコード渋谷店、新宿店を中心に売り切れ店が続出する等、話題をかっさらう中、初の全国ツアーを敢行!ツアーファイナルには下北沢CLUB251にて3度目のワンマンを大成功に納める。2ndミニアルバム「心景」が11月5日に発売!それと同時に2度目の全国ツアー「全国スーパーフィーバーツアー!!vol.2」を敢行!ツアーファイナルとして2月21日にO-WESTのワンマンライブが決定している。




RELEASE INFORMATION
SUPER BEAVER
1st. Sg.
【 リセット 】

rpc-026 ¥100
2008.8.6 (wed) release
※タワーレコード、
タハラ限定販売
収録曲
1. リセット
2. 2ndミニアルバム
「心景」ダイジェスト
ノルウェーの・・・
僕は映画が好きだ。
見た本数なら大概の人には負けない自信がある。
家で観る映画と、映画館で観る映画のこだわりもある。
ただ、映画でうんちくを披露したり、あの映画のここがどうだとか言うのは好きじゃない。だから往年の名画も好き、ピストルバンバンの派手派手も好き、どんな映画でも構えず肩の力もぐでんぐでんで楽しめるのサ。
その点、『音楽』とすごく似ていると思う。
で、こないだ観た驚きの多い映画の話。
人形とジオラマセットで撮影されたアニメなのだが、作られた年と場所にまずびっくり。1975年とかなり古く、場所はなんとノルウェー!
山のてっぺんに住む自転車の修理工のおじいさんと、そのおじいさんと一緒に暮らすアヒルとハリネズミが、街を挙げて開催されるカーレースの大会にアラブの石油王をスポンサーに付けて出場するという流転の激しいハートウォーミングなお話。
始まってまず驚かされるのが、最近のアニメの『キャラクター=可愛い、親しみやすい』という絶対的な方程式を始まって数十秒でぶっ壊す人形の可愛く無さ、そしてその人形達の話す言葉(おそらくノルウェー語)の聞き取りづらさ。
で、またびっくり、零コンマ何秒で撮影されてるもんだから、話が進むに従い人形が汚くなってゆくのだ。
で、またまたびっくり、映画最大の山場であるレースシーンに出てくる車の奏でるエンジン音、これがまたなんとめちゃくちゃかっこいい!重量感たっぷりの車体に積み込まれたエンジンはなんと12気筒、それ相応の低くて攻撃的な音がする。
で、最後に驚かされるのが、あんなに醜く、薄汚れた人形達だったのに、エンドロールが流れ終わってみれば、愛着が湧きまくっているということ!母性本能のくすぐり方が凄まじい!
朝の8時にやるにはもったいない映画だった。   逆太郎(スッテーン)

by emm_super | 2008-04-04 02:20 | 渋谷龍太