初心忘れべからず

初心忘れべからず_b0004907_1623287.jpgもう20年以上世話になっているカフェバーがある。時より今でも顔をだす。この店も良い年の取り方をしている。マスターが全て手作り。画像をお見せできないのが残念なくらいお洒落な、そしてアットホームなお店だ。そんな店の一角に懐かしいステッカーを見つけた。そう、今のスカンヂナビア社の前身である、アメリカ法人の頃の物だった。世界を目指すアスリート養成アカデミー時代のものだ。ITALYとも書いてある。そう、イタリアでも拠点を持ってイベントをよく開いたのを思い出す。原点だなあ~と懐かしいかぎり。。。

初心忘れべからず_b0004907_1634189.jpg原点といえば、誰にも共通して言えるのが親であろう。自分は母子家庭で育ったが、祖母に育てられた感が強い。そして、挑戦するために、いや食べていくために?海外に脱出(自分の場合は脱出といった方が実態に近いと思う)。よって、母親にはなかなか親孝行する間もなく時が流れて行った。ちょうど、母の日を迎え、嫁のアイデアで双方の母親を食事に招いた。大した食事ではないが、こういう一緒に過ごす時間は大切な気がする。

初心忘れべからず_b0004907_1651120.jpg母親といえば、この手は演歌歌手でとても仲良くしてくれている川中美幸さんのお母様。渋谷でお好み焼き屋を営んでいる。もう80超えのお年にもかかわらず、元気一杯に店頭に立っている。車も運転する。バリバリの現役だ。たまに、顔を出すと、そのパワーに圧倒される。美幸さんも紆余曲折あった人生と聞いているが、素晴らしい親孝行をされている。

初心忘れべからず_b0004907_167668.jpg原点、う~ん自分にとっての原点は何か。。。良くわからない。なぜ拠点を日本に戻したのかも。ホリプロにお世話になったのも大きな原因の一つ。何をするのか現役を退いた後は、見当もつかず。今は亡き松田優作の発掘でも知られた、こちらも今は亡き久世氏にも良くして頂いた。「役者やれ」の一声で小樽にも連行。色々あった。しかし、ここえ来て、まずは親に感謝。そして、健康に感謝。環境に感謝。支援者に感謝。どうやら野望厳選のタイミングが迫っている気がする。
by shuichi_sugisawa | 2008-05-17 16:30 | Comments(0)

プロデューサー目線の本音ノート


by shuichi_sugisawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31