伊東昭光元ヘッド、お疲れ様。


伊東昭光元ヘッド、お疲れ様。_b0004907_10515938.jpg東京ヤクルトスワローズ伊東昭光元ヘッドコーチ兼投手コーチが、2009年のシーズンはユニフォームを入団以来、初めて脱ぐことになりそうだ。フロント入りはする予定だが、ユニフォームを脱いでの仕事は初めてとなる。これまでの栄冠や積み上げてきた実績も多大である。こういった素晴らしい経験を今度はユニフォームを脱いで活用していかなければならないことには、多少なりとも不安があるのでは。。。

伊東昭光元ヘッド、お疲れ様。_b0004907_1052974.jpgマイクを挟んで、昭光さんとラジオで共演。まるで、寿司屋のカウンターで話をしているかのように、自然に話が進んでいく。懐かしいことやこれからのこと、そして何より、蓄積された理論と哲学に触れると説得力がある。昭光さんとはもう10年以上の付き合いになる。「早いねえ~、そんなにたったかなぁ」、なんて思わず苦笑。「出会った頃は、まだ昭光さん投げてましたよ!松井とかに!」

伊東昭光元ヘッド、お疲れ様。_b0004907_10522991.jpg今回ユニフォームを一旦脱ぐのには、たまたま古田兼任監督のヘッドコーチというポジションだったからということも考えられる。責任感の強い昭光さんらしい引き際。しかし、球団としては当然普通に現場で指導を続けて欲しい存在のはずだ。高田新体制にはなるものの、近い将来監督として必ず現場に戻ってくるであろうことを考えると、外から野球を見ることは決してマイナスにはならない。改めてユニフォームを着る日が待ち遠しい限りだ。まずは、お疲れ様。夜な夜なお疲れ会の席へ向う。。。
by shuichi_sugisawa | 2007-10-22 11:06 | Comments(0)

プロデューサー目線の本音ノート


by shuichi_sugisawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31