追伸~健太の手術成功を祈る

ちょうど仙台に到着と同時に、栗原健太から電話があった。新聞報道でもご存知かもしれないが、今日椎間板ヘルニアの手術を受ける。大男ではあるが痛いのは苦手と聞いているだけに、本人は相当落ち込んでいるのでは。。。。と新幹線の中で心配していたところだった。が、裏腹に声はいつもと変わらぬ元気いっぱいでひと安心。まあ、精一杯の背伸びなのかもしれないが。。。とにもかくにも「これから手術行ってきます!」と明るく振る回っていた。「頑張ってこいよ!」としか、声をかけてやれなかったけれど、手術が成功し手くれることを願うばかり。今年は素晴らしい成績を残してきているだけに、本人も悔やむところもしれないが、ここはじっくりと治してまた来年にチャレンジして欲しい。しかし、これがあるからスポーツ選手は怖い。突然としてアクシデントはやってくる。それでも家族を守って生きていかねばならない。スポーツマネージメントという仕事をしながら、やはりこういう場面に自分のかわいがっている選手が実際に直面すると、ライフプランやマネージメントはとても重要なことだと再認識させられる。
by shuichi_sugisawa | 2006-08-23 14:49 | Comments(0)

アスリートやアーティストとの交流から素敵なお話を紹介します


by shuichi_sugisawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31