New York, US OPEN より

b0004907_10230.jpg

b0004907_102435.jpgニューヨークで開催されている、テニスの4大トーナメントのひとつである、US OPENに私の傘下選手である宮城ナナが参戦しています。ちょうど、ナナからメールが届きました。「ボールぶつけちゃったよ~」???ダブルスの2回戦でナナが放った強打(ホントに強烈です!)が、観客席にいた少女を直撃したらしいのです。試合が中断になったほどだから、結構な当たりんじゃないかなあ。試合は再開。そして、試合終了直後にナナは、観客席に向かい、使用していたラケットをプレゼントしたんだって。なかなか、やさしいとこあるね~。

ナナも、私の運営しているチームスカンヂナビアに入って早10年以上がたちます。私でさえ現役引退直後だったので、いまだに現役で世界ツアーを転戦しているナナは素晴らしい。出会った頃は、強打が売りではあったものの、日本のスタイルからすればミスが多いということで、「もっとつながなくては」と指導され、低迷していました。私は、ナナの最大の武器である強打をもっといかすべきだと思いました。ただの強打じゃなくて、エースが取れる強打だったからです。所詮、勝負は確率の世界。要するにミスの数をエースが上回ればいいだけのこと。つなぎに徹するべきと指導されていたナナは、エースの数が減り、両サイド両手打ちなだけに、ラリーが続くほど走る量も増えるので、更に確率は落ちていました。私は、ガンガンダウンザラインを打って、エースを取れるスタイルに戻し、ポイントを取れる確率を引き上げる指導をしました。ちんたらとラリーをしていても、ナナにとっては不都合なことが増えるばかりだからです。エースを取れといわれても取れない選手が多いのですから、ナナは最大の武器を大いに有効活用すべきと考えたのです。

テニスプレイヤーは足が速いという錯覚


b0004907_1152894.jpg世界クラスの選手でも足が速いとは限りません。いくら足が速くても、肝心なのは予測力。予測なしでは、ポジションに入れないからです。ナナはその点、天性のフットワークスキルとボールタッチがあります。むしろ普通以下の足のスピードですが、ポジションに入るスキルと、バランスを崩さないところは、本当に素晴らしいですよ。そして常に毎試合、「世界の頂点に立てる」、「誰にでも勝てる」という気持ちを持ち続けられる、そう信じれるナナがいる限り、現役でまだまだ戦っていくことでしょう。もうじき、ジャパンオープン出場の為に、久しぶりにナナが帰国します。是非、応援してやってください。期間中はスカンヂナビアのアスリートカフェで
バーテンやりたいそうなので、毎晩いるかもです。
Commented by ringo at 2004-09-10 17:12 x
こんにちわ。写真も多くて、とても楽しみです。これからもがんばってください!
Commented by shuichi_sugisawa at 2004-09-10 18:24
→ringo さん メッセージありがとうございます。これからも宜しくお願いします。
Commented by Alice at 2004-09-11 14:19 x
うわぁ、杉澤さんのブログがはじまったんですね!
以前勤めていたテニスクラブに
チームスカンヂナビアさんがキャンプに来られて、
2度ほどお見かけしたことがありまして
なんだかうれしくなってカキコしちゃいました!!
宮城ナナさん、ずっとがんばっていらっしゃるんですね。
すごく美人でおしゃれなのに強くてカッコ良かったのを覚えています。
これからも興味深いお話を楽しみにしています。
Commented by Haru at 2004-09-11 15:01 x
杉澤さんへ
初めまして!こんにちは!
スポーツ選手を温かいまなざしで見守っていらっしゃるのですね。私たちの知らないスポーツ選手の素顔や人間性を知ることができ、読んでいて、思わず微笑んでしまいます。お忙しいでしょうが、お体を大切に素敵な話を沢山聞かせて下さい。楽しみにしています。 Haru
Commented by shuichi_sugisawa at 2004-09-12 22:33
→Alice さん 
これまで、数多くのイベントを介して、多くの方々と触れ合うことができましたが、こうしてブログを通じてメッセージ頂き、大変光栄です。テニスから今は、野球やゴルフ等にも活動の領域を広げています。これからも宜しくお願いします。
→Haru さん
スポーツ選手も一般社会という領域で見ると色々と大変なこともあります。彼らの良さを最大限引き出すことも自分の使命だと思っています。幸いにも、活動をtもにしている選手らはとても人間性も素晴らしい人たちです。是非、応援してあげてください。素顔のままのレポートもしてゆきたいと思っています。
by shuichi_sugisawa | 2004-09-10 01:18 | Comments(5)

アスリートやアーティストとの交流から素敵なお話を紹介します


by shuichi_sugisawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31